【便利】Twitter検索を楽に!検索メモでキーワードを保存・削除する方法

Twitterでよく検索するキーワードや検索履歴を「検索メモ」として保存するとTwitterでの検索が楽になります。

特定のキーワードでよくエゴサーチをしたり、好きなアーティストや芸能人のツイートを検索する際にも、検索メモにそのキーワードを登録しておくと時短にもなりますし便利です。

この記事では、検索メモへのキーワードの保存と削除の方法を簡単にご紹介します。

Twitterの検索メモとは

皆さん、Twitterでよく特定の単語でエゴサーチをすると思いますが、検索メモ機能を使うとよくチェックする単語を検索キーワードとして登録することができます。

検索メモに登録すると、画像のように検索窓をタップした際「保存した検索」として表示されるので、毎回打ち込むことなく検索することができます。

よく検索するワードがある人はこの機能を使うと便利ですね。

検索メモにキーワードを保存する方法

前述の通り、iPhoneのTwitterアプリでは検索メモを登録することができませんので、PCまたはスマホのブラウザ(Safari、Google Chrome等)での設定が必要になります。

PC(Web)で検索メモに保存する方法

まずは、PCで検索ワードを保存する方法です。PCブラウザでTwitterを開き、右上にある「キーワードを検索」をクリックします。

 

検索窓に登録したいキーワードを入力します。※今回は「ぽこみち」と入力しています。

右上にある「メニューアイコン(•••)」をクリックします。

 

表示されたメニューの中にある「検索メモに保存」をクリックします。

 

「保存した検索を追加しました。」と表示されますので、こちらで登録完了です。

iPhoneで検索メモに保存する方法

まずはじめに、ブラウザ(Safari等)でTwitterを開いて、画面上部のURL部分をタップします。

 

URLの「https://mibile.twitter.com/home」にある「mobile.」の部分を削除して、キーボードの「Go」をタップしてURLを開きます。

 

これでiPhoneでもTwitterのPCページを開くことができます。

ここからはPCと同じ手順なので、検索窓にキーワードを入力します。

 

検索結果画面の右上にあるメニューアイコンをタップして、表示される「検索メモに保存」をタップして、検索メモへの保存が完了です。

Safariのデスクトップ表示に関して

iPhoneのSafariでTwitterのPCページを開く際はURLの変更が必要ですが、それでもスマホページが開くときは、デスクトップ表示を試してみてください。

デスクトップ表示はまず、ページ上部にある「更新ボタン」を長押しします。

 

すると、「デスクトップ用サイトを表示」と出ますので、タップして完了です。

その他にも方法があるので、詳しくは別記事を参考にしてください。

検索メモの表示例

登録が完了した検索メモは以下のように表示されます。

PC画面

スマホ画面

使用頻度の高いキーワードを登録しておくと本当に便利ですよ。

検索メモのキーワードを削除する方法

次に保存した検索メモを削除する方法です。

PCで検索メモを削除する方法

PCで検索メモを削除する方法は、検索メモを表示させた状態で、該当ワードの右に表示されている「×」をクリックすれば完了です。

スマホ(Twitterアプリ)で検索メモを削除する方法

Twitterアプリで検索メモを削除するには、該当の検索ワードを左にスワイプして表示される「削除」をタップすれば完了です。

保存方法は少し手間がかかりますが、削除は一瞬でできます。

特定キーワードの更新確認はYahoo!リアルタイム検索が便利

Twitterで特定キーワードの投稿をいち早く検索するには、Yahoo!リアルタイム検索を活用するとより便利です。

Yahoo!リアルタイム検索アプリにキーワードを登録しておくだけで、キーワードが入った投稿がされると通知を受け取ることができます。

※Yahoo!リアルタイム検索はTwitterだけでなく、FacebookやInstagramのキーワード通知も受け取ることができます。

Twitter検索メモのまとめ

Twitterで特定のキーワードを頻繁に検索するとき、検索メモは必須です。

一度登録してしまえば、毎回入力する必要がないので本当に便利なので使ってみてください。

もちろん、簡単な単語はならいいですが、検索コマンドのように特定のアーティストの画像付きツイートやハッシュタグやキーワードが入ったツイートを検索する場合は大変です。

そんなときは検索メモと検索コマンドを合わせて活用してみてくださいね。