iPhoneの重さを解消する8つの方法~その1~

iPhoneを使っているときに、アプリの起動が遅くなる、アプリが落ちる、iPhone自体の動きが遅い、などの問題が起きますよね。そんな時の対処法を簡単に解決する方法から順にご紹介します。

その1では8つの方法のうち4つをご紹介します。

 

起動中のアプリを閉じる

アプリは開いていなくてもバックグラウンドで動いているものがあります。それを閉じることでiPhoneの動きが改善されます。

ホームボタンをダブルタップか3D touch(iPhone6以降の機能)を使ってマルチタスク画面を開いて、アプリを上にスワイプして完了です。

3D Touchでマルチタスク画面を表示する方法

 

iPhoneを再起動する

通常使っているとiPhoneを再起動することはあまりないですが、たまに再起動するとiPhoneの動きが軽くなることがあるみたいです。

iPhoneの電源ボタン(スリープボタン)を長押しして、表示される「スライドで電源オフ」をスライドして電源を切ります。その後、電源ボタン(スリープボタンを)長押しして電源を入れます。

 

アプリのアップデートを確認

アプリに不具合があったり、動作が遅い場合、アプリを最新版にアップデートすることで解消されることがあります。

WiFi環境で自動でアップデートする方法がありますので、そちらの設定をしておけば問題ありません。

iPhoneアプリを自動アップデートする方法

 

iOSが最新バージョンであることを確認

iOSのバージョンアップによって、システムの安定性が向上したり、WiFi接続の不具合が修正されるなどの改善が行われるそうです。

    

現在のiOSが最新版かどうかは、設定の中にある「一般」をタップして、「ソフトウェアアップデート」をタップすると確認できます。

 

2017年9月9日現在でiOS 10.3.3 で最新バージョンです。

 

まずは、この4つを試してみてください。次回は残りの4つをご紹介します。

▶ iPhoneの重さを解消する残り4つの方法

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加