iPhoneアプリをWiFi環境で自動アップデートする方法

どうも、ぽこみち(@pokomichi_apple)です。

スマートフォンを使う中で必須なのがアプリですよね。ぽこみちのiPhoneにもたくさんのアプリが入っています。

そんなアプリですが、古いバージョンのままだとアプリが落ちたり、不具合があったりするので常に最新バージョンで使いたいところですが、少しでも放っておくとアップデートが溜まってしまいますよね。

そんなときに使える、WiFi環境でアプリを自動でアップデートする設定方法をご紹介します。

 

アプリを自動アップデートするための設定方法

アプリの自動アップデートするための設定方法です。

設定メニューを開いて、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

 

開いたメニュー中の「アップデート」をONにします。

これで、アプリの自動アップデート設定が完了。手動でアップデートすることなく常に最新バージョンでアプリを使うことができます。

注意
アップデートの下にある「モバイルデータ通信」はOFFのままにしておいてください。

※ONにするとモバイル回線でも自動でアップデートするのでデータ容量を使ってしまします。

アプリ自動アップデートのススメ

自動アップデートの設定は簡単なので、ほんとにiPhoneで一番最初に設定してほしいことのひとつ。

ぽこみちによくある問い合わせで、FacebookやTwitterのアプリでの不具合があるのですが、この原因はほぼアプリが最新でないことで発生しています。

自動アップデート設定していることで、そんな不具合を事前に防ぐこともできますので、ぜひとも設定してご活用ください。

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加