iPhoneで4K動画を撮影する方法

iPhone6から可能になった4K動画撮影。iPhoneでも高画質の動画が撮れるのですが、初期設定が4Kではありません。

今回はその設定方法からご紹介します。

 

4K動画の説明と設定方法

まず、4K動画とはなにか。

フルHD(1920×1080ピクセル)の4倍の画素数(3840×2160ピクセル)に相当する映像です。被写体の持つ質感やディテールを高精細に記録出来、再生中に2倍ズームしてもフルHDの解像度を保ちます。

とにかく綺麗な動画みたいです。

 

続いて、4K動画撮影のための設定方法を紹介します。

   

設定メニューの中にある「写真とカメラ」をタップして、その中の「ビデオ撮影」、「スローモーション撮影」の部分で画質の変更ができます。

4Kの撮影ができるのは「ビデオ撮影」のみです。

 

   

「ビデオ撮影」をタップすると720p、1080p、4Kとあるので、「4K/30 fps」にチェックをつけます。

ここで補足をすると、720p、1080pというのは画面の縦のピクセル数を表していて、4Kの場合は2160pになり、1080pは2K(フルハイビジョン)とも言われるみたいです。

Kはキロで1000を表しているので、横3840×縦2160の横幅から4K、横1920×縦1080は2Kになります。

 

詳しい話はここまでにして、これで4K動画が撮れるようになります。

スローモーションは1080p(2K)が最大画質になります。

 

4K動画ですが、実際スマホで見るとあまり違いはわかりませんでした。ただ、かなりファイルサイズがかなり違うので大きな画面で見ると違いがわかると思います。

このブログで比較動画をあげたかったのですが、ファイルのサイズが大きすぎて全く再生されなかったのであきらめました。

いい動画を撮りたいときは、4Kに切り替えて撮ってみてくださいね。

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加