Twitterでリストが消える、増えるなど表示がおかしい時の対処法

Twitterで気になる人のグループを作って投稿を見逃さないときに活用するリスト。このリストが消えたり、以前のリストが表示されるなど表示がおかしくなることがあります。

今回はTwitterでわかこと若狭さんから以下の質問もいただきましたので

そんな時の対策を今回ご紹介します。

Twitterでリスト管理する方法はこちらから確認

 

ブラウザ(Safari、Chrome等)でTwitterリストを確認する

リストの表示不備は基本的にアプリの不具合であることが多いので、一番はじめにSafariなどのブラウザで自分のTwitterリストが問題なく表示されるか確認してください。

念のため、ブラウザでのリストの確認方法をご紹介。右上の自分のアイコンをクリックして、表示される「リスト」をクリックします。

 

すると、保存済みのリスト一覧が表示されるので間違いないか確認してください。

この表示が問題なければ、アプリの問題ということになります。

 

アプリの改善方法

ここからはアプリでの不具合を改善する方法となります。

アプリを最新版にアップデートする

アプリのバージョンが古くてリスト表示の不具合が起こることもあるみたいなので、Twitterのアプリを最新版にアップデートしましょう。

 

Web環境を整える

調べるとWeb環境が悪くてリストが表示されいなかったということもあるみたいです。リストが表示されないインターネット環境自体、現在あまり考えられないですが、こちらも確認してみてください。

 

アプリやスマートフォンを再起動する

アプリを終了したり、スマートフォンの電源を切って再度アプリを開いてみてください。アプリの終了はマルチタスク画面からできます。

 

今までは、これで解決していたのですが、これでもリストの表示がうまくいかないときはアプリの次回アップデートまで、Safari等で開いて確認するしかないと思われます。

Safariで開いたTwitter画面をホーム画面に追加しておけば、簡単に開けるのでご活用ください。

 

《ホーム画面への追加方法》

    

画面下の「共有ボタン」をタップして、「ホーム画面に追加」をタップします。

 

    

名前とURLが表示されるので、そのまま右上の「追加」をタップすると、ホーム画面にTwitterへのリンクボタンが表示されます。

 

Twitterリストが表示されないと困ると思いますので、参考になれば幸いです。