【iPhone】ユーザ辞書によく使う単語を登録・編集する方法|Macとも同期で便利

日々使うiPhoneでよく使う単語や定型文、住所、変換されにくい単語などタイプする時に不便なことってありますよね。

そんな時に使えるのがユーザ辞書です。

はじめによく使う単語やメールアドレス、キーボードを英語や記号にかえないといけない「@、#、-」、顔文字などをユーザ登録しておくと、その後の入力がかなり便利になります。

今回はiPhoneを使うなら必須とも言える機能「ユーザ辞書」の登録・編集方法に関して、ぽこみち(@pokomichi_apple)がご紹介します。

※Androidでも単語登録機能はあるのですが、ぽこみちがiPhoneユーザーなのでiPhoneの説明に特化しています。ご了承ください。

ユーザ辞書に単語を登録する方法

まずは、ユーザ辞書に単語を登録する方法です。

まずは、ホーム画面の設定をタップして開きます。

 

設定メニューの中の「一般」をタップします。

 

一般メニューをスクロールして「キーボード」をタップします。

 

キーボードメニューの中にある「ユーザー辞書」をタップします。

 

ユーザー辞書を開くと登録している単語の一覧が表示されます。

新しい単語を追加するために、右上にある「+」をタップします。

 

「単語」「よみ」の入力項目が表示されますので、単語の登録を行います。

・単語 ⇒ よく使う単語やメールアドレス等を入力

・よみ ⇒ 単語を予測変換で出すための文字を入力

今回は、「広島」という単語を「ひろ」と入力すると予測変換できるようにユーザ辞書に登録しています。

単語とよみを入力したら、右上の「保存」をタップして登録は完了です!

 

ユーザ辞書の項目には今回登録した単語が表示されています。

ユーザ辞書への単語の登録方法はこれで完了です。

 

ユーザ辞書に登録した単語が変換されるか確認する

念のため、ユーザ辞書に登録した単語がしっかり入力できるか確認してみましょう。

登録したよみの「ひろ」と入力すると「広島」が予測変換で出てきていますので、問題なくユーザ辞書に登録できています。

ユーザ辞書に登録した単語を編集・削除する方法

ユーザ辞書に登録した単語はいつでも編集したり、削除することができます。

次に、ユーザ辞書に登録した単語を編集・削除する方法をご案内します。

登録した単語を編集する

ユーザ辞書のページで、編集したい単語をタップします。

 

すると、単語の登録時と同じ画面が表示されます。

ここで内容を編集して、右上の「保存」をタップすると登録単語の編集は完了です。

登録した単語を削除する

登録した単語の削除は

  • 削除したい単語を左にスワイプして、表示される「削除」をタップする
  • 削除したい単語を左に大きくスワイプする

の2つの方法で実施することができます。

 

また、もうひとつ削除方法があります。

ユーザ辞書ページ左下の「編集」をタップします。

 

登録している単語の左に表示される「-」アイコンをタップします。

 

表示される「削除」をタップして、左下の「完了」をタップして削除完了です。

予測変換の内容も見直しを

知らず知らずのうちに情報が溜まるのがiPhoneの変換学習機能です。

便利な機能なのですが、大事な情報や他人に見られたくない情報が予測変換に出てくる際は予測変換の情報をリセットも必要です。

ユーザ辞書に登録した単語はMacと同期できる

ちなみに、iPhoneで登録した単語はMacやiPadなど他のApple製品でも同様に使うことができます。

iPhoneと同じiCloudアカウントにログインすることで使用することができます。

Macからのユーザ辞書は「システム環境設定」の「キーボード」メニューから確認します。

 

キーボードメニューに「ユーザ辞書」の項目がありますので、こちらを確認していただければ、登録状況が確認できます。

入力方法はiPhoneで登録した通りに入力していただければOKです!

もちろん、Macで登録した単語をiPhoneでも使うことができますので、iPhone、Mac両方を使っている方はぜひユーザ辞書を活用してくださいね。

ユーザ辞書活用のススメ

簡単に紹介してきたユーザ辞書登録、iPhoneを使う上で絶対に活用した方が良い機能です。

Apple製品(iPadやMac)も使っている人であれば、辞書登録内容が同期されるのでこの機能を使うだけでかなり時間の短縮ができますよ!

ぽこみち自身これは登録必須だな。というものを数個紹介します。

《おすすめユーザ辞書登録内容》

  • 「めーる」と入力 ⇒ 「メールアドレス」が表示
  • 「じゅうしょ」と入力 ⇒ 「住所」が表示
  • 「は」と入力 ⇒ 「#」が表示
  • 「あ」と入力 ⇒ 「@」が表示
  • 「かお」と入力 ⇒ 「好きな顔文字」が表示

※他の人にiPhoneを貸したりするときは注意してください。

この他にも色々とありますが、これだけ登録してみるだけで十分便利なのがわかりますよ。

慣れてきたら自分好みの単語登録をして、自分だけのユーザ辞書を作ってより便利なiPhone生活を手に入れてください!