【広島 日帰り温泉】広島市内でかけ流し温泉が楽しめる「宇品天然温泉 ほの湯」

どうも、温泉ソムリエのぽこみち(@pokomichi_apple)です。

今回は広島市内に住んでいる人ならほとんどの人が知っているであろう、天然温泉の日帰り入浴施設のほの湯をご紹介します。

ぽこみちも前職の楽天時代から仕事終わりによく行っていました。最近では行く機会が減ったのですが、久しぶりに入ってきました。

宇品天然温泉 ほの湯の紹介

ほの湯は広島市内の宇品にあり、アクセスも便利な人気の入浴施設なのでいつも賑わっています。

この日は平日の昼過ぎだったので空いているかと思ったのですが、想像以上にご年配の方が入浴を楽しんでおられました。

楽天時代は最終受付時間間際の24時頃に行くことが多かったのですが、その時間帯でも賑わっているので空いているのは開店直後ぐらいなのかもしれません。

そのくらい人気なんですよ!

泉質

宇品天然温泉 ほの湯の泉質は含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩冷鉱泉(高張性中性冷鉱泉)で、茶褐色の温泉です。

冷鉱泉なので加熱はしてありますが、加水なしの源泉かけ流しを味わうことができます。

塩化物泉は体の芯から温まり、湯冷めしにくいので寒い時期に温まるに最適で、海辺の温泉によくある泉質です。

海が近い温泉は塩化物泉なんじゃないかと僕は勝手に思っています。ちなみに、眼前に日本海が広がる鳥取の皆生温泉も塩化物泉なんですよ。

また、高張性なので長湯すると湯あたりするので、気をつけてしっかり水分補給もしましょう。

泉質について、詳しくは温泉を楽しむための簡単な温泉の基本知識や泉質解説にまとめていますので、気になる方は読んでみてくださいね。

温泉浴場

写真は宇品天然温泉 ほの湯ホームページより

宇品天然温泉 ほの湯には多くの湯船やサウナがあります。

内湯は温泉ではなく、シルク湯やジェットバス、腰掛湯があります。ただ、僕はあくまでも温泉が目的なのであまり内湯に入ることがありません。

天然のかけ流し温泉は露天風呂にあり、お湯の色が茶褐色で岩風呂になっているのですぐわかりますよ。

人工の炭酸泉もあり、この湯船も人気です。

館内

宇品天然温泉 ほの湯の館内は、入ってすぐ左手に休憩処があり湯上りの人がのんびり飲み物を飲みながら涼んでおられます。

休憩処の正面には売店もあり、お土産や湯上りに嬉しい牛乳などの飲み物も売ってますよ。

1階の奥にはお食事処もあるので、お風呂に入ってご飯食べて帰るなんてこともできます。

2階は温泉浴場のみになります。

エステやボディケア、ネイルサロンなどのリラクゼーションサービスも充実しているので、心身ともにリフレッシュすることができますよ。

宇品天然温泉 ほの湯のまとめ

広島市内の人気の日帰り温泉入浴施設のほの湯。

久しぶりに行ったのですが、やっぱりよかったです!

お風呂から上がった後もずっとポカポカしていたので、寒い冬でも体の芯から温まり湯冷めがしにくい塩化物泉の良さを改めて実感しました。

県外の方も近くにお越しの際は是非行ってみてくださいね。

《宇品天然温泉 ほの湯》

宇品天然温泉 ほの湯ホームページ

住所:広島県広島市南区宇品東3丁目4番34号(Googleマップ

営業時間:10:00~25:00(入浴受付24:00まで)

料金:大人(中学生以上) 750円、小学生 400円、幼児(4歳以上未就学児) 150円、3歳以下 無料

電話番号:082-252-1126