【石川 日帰り温泉】明治時代の総湯を再現した山代温泉のシンボル「古総湯」

どうも、温泉ソムリエのぽこみち(@pokomichi_apple)です。

今回は夏に実家の富山に帰ったとき家族で行ってきた、山代温泉の日帰り入浴施設「古総湯」をご紹介します。

なかなか北陸の温泉は行くことがないので帰省の際に、こうやって温泉に行けるのは楽しかったです。

山代温泉について

山代温泉は石川県加賀市にある加賀温泉郷にある温泉で北陸3県でも最大級の温泉街のひとつで20以上の旅館があります。

1300年の歴史がある北陸随一の古湯で、共同浴場である「総湯」を中心に成り立っている温泉街です。

今回気になって調べたのですが、お高いお宿も多くあります。

山代温泉 古総湯の紹介

山代温泉の中心部は共同浴場である「総湯」を中心にして湯の曲輪という街並みが作られています。

今では、明治時代の総湯を復元した「古総湯」と「総湯」のふたつの共同浴場があり、どちらも雰囲気が良く100%の源泉を楽しむことができます。

泉質

山代温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉と単純温泉の2種類あります。

画像の温泉成分表は共同浴場の総湯のものです。

古総湯はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉の源泉のみをかけ流しになっています。

事前に調べていて、しょっぱい温泉かと思ったのですがそこまで濃い塩分ではありませんでした。源泉は63℃と熱く、かけ流しの古総湯は少し熱めのお湯でした。

泉質について、詳しくは温泉を楽しむための簡単な温泉の基本知識や泉質解説にまとめていますので、気になる方は読んでみてくださいね。

温泉浴場

この写真は山代温泉ホームページの山代総湯巡りページより

古総湯の浴場は湯船のみの作りになっていて、源泉かけ流しでちょっと熱めの温泉を楽しむことができます。

窓はステンドガラスになっていて、陽が差し込むととても綺麗でしたよ。

休憩所

2階には湯上りの休憩所があり、風が抜けてとても気持ちいいですよ。

温泉もいいのですが、温泉に入った後のここでのひとときが本当に癒されました。

ぜひ温泉だけではなく、ここで休憩して欲しいです。

山代温泉 古総湯のまとめ

今回は個人的にはなかなか行く機会のない石川県の温泉、山代温泉の日帰り入浴施設を紹介しました。

温泉街と古総湯の造りは、愛媛県の道後温泉に似ていて初めてなので見たことあるような雰囲気の場所でした。

山代温泉のシンボルである古総湯は、近くの旅館に宿泊する際も入ってみてくださいね。

《山代温泉 古総湯》

山代温泉観光協会ホームページ

住所:石川県加賀市山代温泉万松園通2番地1(Googleマップ

営業時間:6:00〜22:00

定休日:各月の第4水曜の6:00〜12:00

料金:大人 500円、6歳以上12歳未満 200円、3歳以上6歳未満 100円、3歳未満 無料

電話番号:0761-76-0144