【島根 日帰り温泉】日本三大美人の湯「湯の川温泉 ひかわ美人の湯」

仕事で月に1度は行っている湯の川温泉。

仕事の前後でちょっと時間がある際、道の駅で足湯に浸かったことはあったのですが、実際に温泉に入ったのは1度しかありません。

今回、ぽこみちのビジネスパートナーわいざん(@yzan_travel)が運営するオンラインサロンの活動で全国のサロンメンバーに会いにいく全国行脚企画で、島根にも足を運んだ際に「ひかわ美人の湯」に入浴することができました。

わいざんとぽこみちとは

広島を拠点に活動する2人。

わいざんはSNSを主としたマーケティングコンサルティング、ぽこみちはブログを使ったマーケティングやHP制作を行なっております。

わいざんサロンの全国行脚とは

2018年1月4日よりわいざんが運営しているオンラインサロン(わいざんサロン)にて、全国にいるサロンメンバーに会いにいく企画。わいざん、くっすん(@kussunokio)、ぽこみちの3人で全国を回ります。

2018年10月下旬〜12月上旬に渡り、北は北海道、南は屋久島まで1967年式のワーゲンバスに乗って行きます。

詳しくはわいざんのブログで確認してください。

【ワーゲンバス日本一周】わいざん全国ツアー詳細・ルールなどまとめ|旅のタイトルも発表!

湯の川温泉について

日本三大美人の湯のひとつが湯の川温泉です。

湯の川温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で肌に優しく体が温まりやすいです。

また、源泉の温度が50.2℃あるので源泉かけ流しの温泉の場合は内湯だと少し熱めのお湯になることが多いので、露天風呂がおすすめです。

日帰り入浴 ひかわ美人の湯

ひかわ美人の湯は少し小高い場所にあって、周りが森に囲まれています。

看板にも「森の露天風呂」と書いてあるので、露天風呂に期待が高まりますよね。

ロビー・フロント

館内に入ってすぐのフロントの前に、湯の川温泉がある斐川町の特産品なども含めたお土産屋さんがあります。

 

フロントで入浴料金を払って入ると、生産者直売市があり野菜などが並んでいました。

日帰り入浴施設でその土地のものが買えるのは嬉しいですね。

おすすめは露天風呂

(写真はしまね欲張り図鑑より)

ひかわ美人の湯のおすすめは看板通り、森に囲まれた露天風呂です。

10月末に入ったのですが、湯温も熱すぎず自然に囲まれて入る露天風呂はほんとに最高!

せっかく入るなら、露天風呂でのんびりリラックスして欲しいです。

湯上り処(休憩所)

2階にある湯上り処は畳とテーブルがあるだけなのですが、照明の傘がちょっとおしゃれで落ち着ける雰囲気です。

温泉で温まったあとは、ここでのんびりするのもありですね。

ひかわ美人の湯まとめ

島根といえば、玉造温泉が有名ですが出雲大社から車で車で35分と比較的近い位置にあるので、出雲大社に旅行に行くなら、是非とも足を伸ばして日本三代美人の湯の湯の川温泉を満喫して欲しいです。

そういえば、お風呂上がりに飲む黒酢もありましたよ(笑)

《湯の川温泉 ひかわ美人の湯》

住所:島根県出雲市斐川町学頭3646-1

営業時間:10:00〜21:30(最終受付21:00)

費用:大人(高校生以上) 600円、65際以上・小学生・中学生 400円、3歳〜就学前 200円、販売タオル 210円、レンタルバスタオル 110円