【タイ・バンコク子連れ旅行記4日目】子供博物館で娘が大号泣

バンコクに来て初の週末。

週末に買い物好きな妻が行きたいところはチャトゥチャックウィークエンドマーケットである。

今回は人気の市場、チャトゥチャックマーケットを中心にお届けしようと思う。

タイ・バンコク子連れ旅行記4日目

チャトゥチャックマーケットに行く前に、前日妻が予約していたジェルネイルのお店に行く予定だったので、僕は寝ている息子を抱えて家でブログを執筆。

妻は主要BTSの駅構内にあるネイル屋で有名な「Nail it! Tokyo」で350バーツ(約1,230円)と20バーツのチップでネイルができたようでご機嫌だ。

ちなみに、プリンセス好きな娘も妻について行ったのだが、店内でえらく楽しんでいたみたい(笑)

その後、利用頻度の高いBTSチットロム駅で中華系の麺屋さんでランチを済ます。

日本のラーメンほどは美味しくないにしても、タイの澄んだスープの米粉の麺はさっぱりしていておすすめ。

食事が済んだら、タクシーを捕まえてチャトゥチャックマーケットに向かう。

タクシーはチップ込みで110バーツ(約400円)で行けるので、安くて便利。ただ、帰りは観光地からの移動になるので、タクシードライバーはメーターを使わずに言い値でしか乗せようとしないのだ。

メーターを使わないことは違法なのだが、まだ観光地だとこれが横行しているのが現実。

実際、帰りは200バーツでタクシーを利用したのだか、配車サービスのGrabで検索した際も195バーツほどだったので良しとした。

チャトゥチャックマーケット

チャトゥチャックウィークエンドマーケットはその名の通り週末だけ開催しているタイで一番大きな市場。

観光地としても有名でお土産を買う観光客でいつも賑わっており、タイに行くなら一度は足を運びたい場所である。

チャトゥチャックマーケット

冬の日本と異なり、日中の気温は30度近くになるが、それでも市場は多くの人で活気がある。

チャトゥチャックマーケット

裏路地にもお店がぎっしり詰まっており、1日で全てのお店を回りきることは不可能なので、事前に自分の行きたいお店をリサーチして行くのがベスト!

その辺りは妻の得意分野なので、しっかりと気になるお店をチェックしてくれているので助かります。

買い物をしながら、マンゴーアイスやタイティーを堪能。

子ども服や妻のピアス、僕の服を買ってこの旅1度目のチャトゥチャックマーケットのショッピングは終了。

ボディペイント

買い物の合間に、娘はボディペイント体験でティンカーベルを描いてもらってました。

プリンセスが好きな娘は満足気。ちなみに価格は320バーツ(約1,150円)ほどで絵柄によって値段は異なるようだ。

残りの滞在中、チャトゥチャックマーケットにはまた足を運ぶ予定。

チャトゥチャックマーケットの後は、隣接する子供博物館へ。

子供博物館

博物館という名前ですが、無料で遊べる広い施設なので、子連れ旅行にはとても重宝する僕も妻も好きな場所。

ただ、ここで失敗に気づく…

利用時間が16時までにも関わらず、入場したのが15時半。

娘はこの日子供博物館で遊ぶのを楽しみにしていたのに、十分な時間を確保することができなかった。

ちょうど、閉館時間まで水で遊べるエリアが解放されており、娘が遊びたそうにしていたので服のまま突入!

子供博物館

興奮しすぎて転んだりもしていたけど、30分フルで水遊びを楽しんだ娘。

自分から終わろうとしたので、満足したのかと思い着替えも済ませて帰ろうとしたのだが…

もっと遊びたかった…

と、大号泣。

30分しか遊べなかったらそりゃそうなるよなと申し訳なくも思いつつ、また遊びに来るのを約束して子供博物館を後に。

そんな娘は疲れたのか帰りのタクシーからターミナル21についてからも抱っこで爆睡。

もっと遊ばせてあげたかったが、疲れるほど楽しんでくれたみたいで一安心。

夜はターミナル21のフードコートでスイカジュースと晩御飯を堪能して、歩いて帰宅。

寝る前に「今日も楽しい1日だったわ」と呟いている娘を見て、満足するだけ遊ばせてあげられなかったけど、楽しんでくれているみたいで本当によかったなと幸せな気持ちで締めくくられた日になった。

タイ・バンコク子連れ旅行記5日目も読む

タイ旅行記【タイ・バンコク子連れ旅行記5日目】初めてのタイスキに大満足!