【タイ・バンコク子連れ旅行記6日目】サイアムパラゴンにある高級水族館「シーライフ」を体験

タイに来たら行こうとしていたドゥシット動物園。

2年前にタイ旅行に来たときに、娘を連れて行ったバンコクにある動物園で娘がとても楽しんでいたので、今回も楽しみにしていたのですが閉業していたことが発覚。

サファリパークはちょっと遠い上に、娘が怖がるかもしれない。

しかも、娘は水族館が好きなので、動物園の代わりにサイアムパラゴンの地下にある水族館「シーライフバンコク オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Ocean World)」を代替案にすることに。

シーライフはとにかく高いので、6日目のメインは水族館を記す!

タイ・バンコク子連れ旅行記6日目

この日はブログに書きたいことが溜まってきていたので、午前中は執筆に時間を割かせてもらう。

昼前にシーライフのある高級デパート「サイアムパラゴン」に向かって出発して、お昼ご飯はパラゴンの地下1階にあるフードコートにて。

マクドナルド

娘はフードコート隣にあるマックのキティセット(おもちゃ)が気になったみたいでそれを注文。

内容はポテト、ナゲットにキティのぬいぐるみが1つ選べるというもの。

これで199バーツ(約700円)ってほとんどぬいぐるみの価格やないかい!と突っ込みたくなるセットなのだが、娘の要望のなので仕方がない(笑)

ご飯を食べ終わって片付けをしていると、シーライフ入り口で女の子と着ぐるみたちによるパフォーマンスが始まったので、地下2階へと急ぐ我ら。

シーライフバンコク オーシャンワールド

パフォーマンスに間に合って、娘はちゃっかりカワウソ、サメ、カクレクマノミと写真を撮らせてもらった。

しかも、サメに自ら手を繋ぐという得意の積極性を発揮!

水族館内を紹介する前に驚きの入館料金を紹介しようと思う。

タイ定番の外国人価格とタイ人料金があり、外国人は大人が1,090バーツ(約3,830円)、子ども(3〜11歳)が890バーツ(約3,130円)という高価格。

ちなみに、タイ人だと590バーツ(約2,070円)子どもが490バーツ(約1,720円)だ。

楽天のグループ会社であるvoyaginというサービスを使うと30%OFFで予約できるのだが、それでも7,416円もするのでなかなかリッチ!

2,000バーツもあったらマンゴー何個食べられるか計算してみたい(笑)

とは言いつつ、可愛い娘のためなら出費は厭わない!

シーライフバンコク オーシャンワールド

館内に入るとタカアシガニがお出迎え。

シーライフバンコク オーシャンワールド

娘の好きな大きなタコの水槽があったり、

シーライフバンコク オーシャンワールド

いろんな種類のタツノオトシゴを観察できるタツノオトシゴのコーナーも。

シーライフバンコク オーシャンワールド

大きな亀のいる水槽の他にも、ジャングルのようなコーナーや飲食スペースもあるのだが、娘が一人でずんずん先に進むので写真が全く撮れずじまい。

シーライフバンコク オーシャンワールド

ようやく撮れたのがサメコーナーの入り口。

シーライフバンコク オーシャンワールド

サメのコーナーはトンネルになっていて、ノコギリザメやトラフザメなど色んな種類のサメを見ることができるのがなかなか楽しい。

シーライフバンコク オーシャンワールド

上からサメの水槽を見るコーナーもあり、違う角度からも楽しめる。

シーライフバンコク オーシャンワールド

ペンギンコーナーではペンギンが陸でのんびりしてる姿や水中を優雅に泳いでいる姿も見ることができる。

泳いでいるペンギンが娘の近くに何度も来たりして娘は満足そう。そんな様子を見られるのが親としては一番嬉しいものだ。

何度か逆走を繰り返しつつゆっくりシーライフを満喫したのち、パラゴン近くにあるマンゴタンゴに向かうも列ができており、断念してリベンジを誓う。

夜は家でゆっくりすため、ビッグCで食材を購入して帰宅。

シーライフバンコク オーシャンワールド

野菜たっぷりスープとお惣菜でお家でのんびり。

ほんとは日本のカレールーを買ってカレーにするつもりだったのだが、ビッグCでカレールーを見つけることができなかった。

基本的に滞在中の食事は外食か惣菜に頼れるのが楽でいい。日本に帰ってからもお惣菜にもっと頼るのがいいなと今回の旅で気づけたよ(笑)

フジスーパー

妻が子どもたちを寝かしつけてくれている間、僕はカレールーやオムツ、離乳食チェックのために日系のフジスーパーへ買い出しに。

カレールー

無事ルーを見つけたので明日はカレーだ。

タイ・バンコク子連れ旅行記7日目も読む

タイ旅行記【タイ・バンコク子連れ旅行記7日目】ルンピニー公園、オオトカゲを発見!