【格安SIM】mineoの申し込み手順、利用してみた感想と利用料金のまとめ

どうも、ぽこみち(@pokomichi_apple)です。

今回はmineo(マイネオ)の申し込みの手順に関して、改めてまとめてご紹介しようと思います。

また、ぽこみち自身がmineoに変更して使ってみた感想、利用料金がいくらかをぽこみちのブログを読んで変更してくださった方も例に挙げて公開します。

 

mineoの申し込み手順

まず、はじめにmineoに申し込む手順を紹介します。

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号を発行する

ぽこみちが申し込んだのは電話番号付きの格安SIMなので、電話番号を引き継いで乗り換える際はMNP(ナンバーボータビリティ)予約番号を発行する必要があります。

以下のMNP予約受付窓口に電話をして発行します。

※MNP予約番号は有効期限がありますので10日以上余裕のある状態で申し込みをするようmineoからの注意喚起がありました。

 

《MNP予約窓口※主要キャリアのみ》

  • docomo:151、0120-800-000(9:00~20:00)
  • au:0077-75470(9:00~20:00)
  • Softbank:*5533、0800-100-5533(9:00~20:00)

 

契約タイプ毎に申し込み時に必要な書類が異なりますので、こちらも忘れずチェックしてください。

 

mineoエントリーパッケージをAmazonで購入

mineoの申し込みをしたいところですが、「mineoエントリーパッケージ」をAmazonで購入するのを忘れないでください。

これをするだけで、mineo申し込み時にかかる事務手数料3,240円を安くすることができます

ぽこみちが購入したときは1,000円だったので2,000円近く安くできました。

※2017年10月18日現在、500円程になっているので3,000円近く安くなります。

mineoエントリーパッケージ
 
Amazonで購入する

 

mineoに申し込む

mineoエントリーパッケージが届いたら、mineoの申し込みを実施します。
mineoの申し込み
   

開いたページで「お申し込みはこちら!」、「お申込み手続きへ」と進むと、申し込みページに移ります。

 

   

お申し込み方法を「エントリーパッケージをお持ちのお客さま」を選択して、「エントリーコード」を入力して次に進みます。

 

   

サービス選択画面では契約内容を選択します。画像は今回ぽこみちが申し込んだプラン内容です。コースはこれまで7GBでしたので少し大きい10GBにしました。

  • プランを選ぶ ⇒ A(au回線)プラン、D(docomo回線)プラン

※テザリングを使用する方はD(docomo回線)プランを選んでください。A(au回線)プランではテザリングが使えません。

  • タイプを選ぶ ⇒ シングルタイプ、デュアルタイプ
  • コースを選ぶ ⇒ 500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GB

《Aプランの月額料金表》

《Dプランの月額料金表》

 

  • 通話サービスを選ぶ ⇒ 5分かけ放題サービス、通話定額30、通話定額60、申し込まない

《通話サービス一覧》

 

  • 端末購入有無 ⇒ 端末を購入する(SIM+端末)、SIMカードのみ

 

SIMカードの種類はiPhoneの場合は「nanoSIM」を選択してください。

次に、「オプションの申し込み・個人情報・mineoからのメール配信設定」の項目です。ぽこみちはオプションは何も申し込んでません。

あとは、本人確認書類をアップロードして、クレジットカード情報を登録して完了させます。

その後、登録したメールアドレスに仮申し込みメールが送られるので、メール内のURLにアクセスして申し込みは完了です。

 

mineoSIMカードを導入する

申し込みが完了すると、数日でmineoから格安SIMカードとご利用ガイド(ぽこみちの場合はDプラン用)が送付されます。

今回はMNPありの導入です。※導入にはWiFi環境が必要です。

マニュアルによると手順は

  1. SIMカードの取り付け
  2. MNP転入切替手続き
  3. ネットワーク設定(自分のiPhoneを使用するため)

です。

今回は導入(格安SIMが使えるようになる)までの紹介なので、メール設定・Googleアカウント設定は省略させてもらいます。

《mineoのメール設定方法はこちらで解説》

【iOS11版】iPhoneでメールアカウントを追加する方法

 

SIMカードの取り付け

まずは、SIMカードを取り付けます。取り付けの際は、IC(金属)部分には触れないように気を付けてください。

 

MNP転入切替手続き

MNPの転入手続きをするため、mineoのマイページにログインします。

メニューの「登録情報の変更/サポート」の「MNP転入切替/回線切替手続き」をタップします。

 

   

SIMカードの付いていたボードに記載されている、「ICCID/製造番号の下4桁」を入力して、回線切替をタップします。

登録のメールアドレスに「携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転入切替手続き受付のお知らせ」という件名のメールが届いたら完了です。

 

ネットワークの設定

ネットワークの設定はSafariで「http://mineo.jp/r/d/apn/」にアクセスすると、プロファイル画面のインストール画面が開くので右上の「インストール」をタップします。

パスコードが求められるので入力してください。

 

警告画面がでるので右上の「インストール」をタップして、ポップアップの「インストール」をタップして完了画面で「完了」をタップして完了です。

 

《以前のキャリアプロファイルが存在する場合》

Softbank等のプロファイルが残っているときの対応です。

ホーム画面の「設定」から「一般」を開いて、その中の「プロファイル」をタップします。

 

「プロファイルを削除」をタップします。

 

「パスコード」を求められるので入力します。

 

ポップアップで表示される「削除」をタップすると完了です。

 

以上が、mineoの申し込み~切り替えの手順になります。

ぽこみち自身、少し身構えて慎重に切り替えをしたのですが、すんなり完了してSoftbankからdocomoの電波に切り替わりました。

 

mineoを利用しての感想

mineoを利用しての感想は、料金面(次の項目で記載します)、サービス面で大変満足しています。

一点、少し不便に感じるのは通信が集中する時間(特にお昼)に通信速度が遅くなる点です。

それ以外は今のところ何も問題なく、快適に利用しています。

格安SIMに関して聞かれたら、その方の端末や利用状況にはよりますが、mineoをオススメすると思います。
mineoホームページ
《詳しい感想はこちらより》

iPhoneを格安SIMのmineo(マイネオ)に変更してみての感想

 

気になる料金は?

気になる格安SIMの料金ですが・・・

3,480円になりました!

しかも、ぽこみちは3周年記念で3か月間800円割引になるみたいです。

以前の通信料が6,500円程でしたので約3,000円安くなりました。元の料金を抑えていたので差額はこのくらいでしたが、通信料が大きい契約ならもっと安くなります。

 

実際にぽこみちのブログを参考にmineoに変更された方が2017年10月18日現在で2人おられるのですが、

そのうちの1人、Twitterで繋がっているイトーちゃん(@SOMASOMA0416)の安くなった金額がすごいです!

通信費の支出が9000円代後半から2000円台半ばに。

しかもボクの使い方ならもっと使用量の小さいプランで全然問題ないから1000円台でいけるかも。

ハンパないよね。

7,000円近く安くなったとのことです!

 

これだけ安くなるなら、とりあえず切り替えてみるのも手ですよね。

しかも、mineoは新機種への対応が早いです。iPhone8/8plusもすでに動作確認が済んでいます。

Aプラン動作確認

Dプラン動作確認

 

また、mineoは最低契約期間がないので、切り替えた後すぐに満足できずに解約や乗り換えをしても解約手数料がかかりません。

※ただし、MNP転出手数料:2,000円(ご利用開始翌月から12カ月以内の場合は、MNP転出手数料が11,500円)がかかります。

 

「格安SIMが気になっている、月額の携帯料金が高い」

そんな方にはほんとにmineoはオススメなので、ぜひ活用してみてください。
mineoホームページ

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加