【タイ・バンコク子連れ旅行記3日目】娘が元気そうで一安心

タイの生活も3日目になると、喧騒や裏通りを歩いているときの悪臭、宿泊先のちょっとした清潔感のなさにも慣れてくるのだが、最寄り駅周辺で夕方になると精力剤や勧誘の女性やレディボーイが多いのは今回初めて気づいたことでかなり新鮮。

調べてみると、駅周辺は歓楽街として有名な場所で、ゴーゴーバーがあったり立ちんぼと呼ばれる女性の夜のキャッチも多い場所のようだ。

欧米人が若いタイの子を連れている光景もすでに3、4回目撃している(笑)

タイ・バンコク子連れ旅行記3日目

そんな夜の街と我が家のタイ旅行は無縁。

そんな我が家の3日目はドレス(ワンピース)を買いたいという娘の要望を叶えることからスタート。

とりあえず、プラチナムファッションモールへ繰り出すことに。

プラチナムファッションモール

プラチナムファッションモールは前日に行ったビッグCの近くにあり、BTSの最寄り駅はチットロム。

ファッション関係のお店が所狭しと密集しているビルで、ここに来ればだいたいの服は買うことができるので、前回のタイ旅行でも何度か利用した。

複数購入するとディスカウントもあるのでお土産の購入にもおすすめだ。

キッズファッションのフロアで少し迷いつつも妻が事前に調べていたお店にて娘のワンピースと妻の友人へのお土産を購入した。

その戦果がこちら。

プラチナムファッションモール 子供服

1着250バーツ(約880円)のところ、6着購入で1着150バーツ(約530円)と40%もディスカウントしてくれるのだ。

花柄と赤のワンピースは娘が自分で選んだものなのだが、我が子ながらなかなかいいセンスをしていると思う。

タイ ワンピース

もちろん、とても似合っている!(親バカ)

娘はドレスをゲットして満足そうではあるが、顔が疲れており近くのキッズスペースに行かずに帰りたいとのこと。

普段、昼寝を全くしない子なのに、家に帰ってコロンするとも言いだしたので、お昼ご飯だけ買ってすぐ帰るように予定を変更。

帰宅後ご飯だけ食べて寝ようとしたのだが…

いつも通り寝る気配はなくめちゃ元気。

そして、最近恒例の寝そうな弟いじりも開始。

毎度ながらかわいそうな息子なのだが、とりあえず娘が元気そうでよかった。

2年前のタイ旅行でもそうだったのだが、街の喧騒が怖いみたいで、家に帰りたかったのはそれが原因なのかもしれない。

結局、元気を取り戻した娘はネイルをしに行く妻が連れて外出することに。

残念ながらネイルショップはいっぱいだったようで、プロンポンのエンポリアム内にあるキッズスペース「イマジニア」で遊ぶ予定にする。

イマジニア

その間、僕は息子を抱っこ紐に入れて旅行記を執筆。

1時間半ほど遊んだところで合流して、夫婦のお気に入りであるエムクオーティエのフードコートへ。

エムクオーティエ

エムクオーティエのフードコートでは1食100バーツあれば、多種多様な美味しいタイ料理が食べられる最高の場所。

エムクオーティエ カオマンガイ

このカオマンガイは80バーツ。

娘はカオマンガイが美味しいみたいで、黙々と食べてくれる。

1歳半のときにも食べていたので、カオマンガイは子どもにほんとにおすすめ。

イェンリーユアーズ

食後にタイスイーツの人気店「イェンリーユアーズ」に行ったのだが、品切れて食べられなかったので次回リベンジの予定だ。

タイの生活にも慣れで徐々に外出できるようになって来た。

今後バンコクは暑くなる一方なので、今のうちに外を歩く観光はしておきたいところだ。

タイ・バンコク子連れ旅行記4日目も読む

タイ旅行記【タイ・バンコク子連れ旅行記4日目】子供博物館で娘が大号泣