【iPhone便利機能】Safariでデスクトップ用(PC)サイトを表示する方法

こんにちは、ぽこみち(@pokomichi_apple)です。

今回は、iPhoneのSafariでデスクトップ用サイト(PCサイト)を開く2つの方法をご紹介します。

この方法を使うと、パソコンページでないと表示されないメニューがあるページ(Twitterなど)をiPhoneでも操作できるようになります。

※ただし、レスポンシブデザインのページは各デバイス(PC、スマートフォン)の画像幅で自動的に表示が切り替わっているため、こちらは使えません。

今回は、Twitterのサイトを例に操作方法を説明します。

Safariでデスクトップ用(PC)サイトを表示する方法

デスクトップ用ページの表示方法は複数ありましたが、iOS13へのアップデートで1つ目の方法になりました。

アップデートしていない人は2、3つ目の方法を確認してください。

URL横にあるページメニューを利用(iOS13で追加)

パソコンサイトを表示したいページを開きます。

デスクトップページ表示

ページURLの左にあるページメニュー(Aが書いてある部分)をタップします。

 

デスクトップページ表示

メニューが開くので、「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップします。

これでPCサイト表示にすることができます。

メモ

最新のTwitterブラウザページはURLの「mobile.」を削除してもPCページは開けませんでした。仕様変更で開けなくなったのかもしれません。

ただし、他のページでは問題なくデスクトップ用サイトの表示されましたよ。

デスクトップページ表示

更新ボタンを使う(iOS13で廃止)

左上の更新ボタンを長押しします。

 

ポップアップメニューが表示されるので、「デスクトップ用サイトを表示」をタップします。

 

これで、デスクトップ用サイト(PCサイト)が表示されます。

共有ボタンを使う(iOS13で廃止)

該当のページを開いたら、下部メニュー中心にある「共有アイコン」をタップします。

 

共有メニューが表示されるので、下のメニュー一覧を左にスワイプします。

 

表示されたメニューの「デスクトップ用サイトを表示」をタップします。

 

これで、デスクトップ用サイト(PCサイト)が表示されます。

Safariでデスクトップサイトを開く方法まとめ

iPhoneでどうしてもデスクトップ用のサイトを開かないといけない。PCサイトじゃないとできない操作がある。

たまにそんなことがあるんですよね。ただ、今回ご紹介した方法を使えば解決できますので、ぜひ覚えておいていざという時に活用してくださいね。

iOSのアップデートで操作方法は変わりましたが、引き続き同じ機能があるのは助かります。