【iPhone便利機能】片手キーボードの使い方|女性や手の小さい人に便利

iOS11で登場した「片手キーボード」機能。画面の左右にキーボードを寄せることで、片手で簡単にキーボードのタイピングができるという機能みたいです。

iPhone7plus、iPhone8plusで画面が大きくなって見やすくなった分、キーボードの幅も大きくなったので、片手入力をするときには便利そうなのでご紹介します。

片手キーボードの使い方

片手キーボードの設定方法は簡単です。

キーボードの地球儀のボタンを長押して、表示されるキーボードメニューの一番下にあるキーボードアイコンをタップします。

左側が左寄せのキーボード、右側が右寄せのキーボードです。

 

右寄せのキーボードにするとこのようになります。

キーボード設定が簡単に開ける

片手メニューも便利なのですが、ぽこみちがもうひとつおすすめしたいのが、キーボード設定を簡単に開けること

SafariやSNSなどでよく使う単語を辞書登録する際に、これまでは「設定 ⇒ 一般 ⇒ キーボード」と開いてキーボード設定を開かなくてはいけなかったのですが、かなり便利になりました。

キーボードの地球儀のボタンを長押して、一番上に表示される「キーボード設定」をタップすれば開きます。

 

一瞬でキーボード設定を開くことができるので、文字を打っていてユーザ辞書に登録したいときなんかは本当に便利です。

これで、ユーザ辞書登録も捗りますよ。

片手キーボードのまとめ

片手キーボードが登場するとタイミングで、地球に長押しのキーボードメニューが登場しました。

片手キーボードはどんどんiPhoneが大きくなる中で女性などの使いやすさを追求するために生まれた機能だと思うのですが、それに付随して登場したキーボードメニューが何より便利です。

ユーザ辞書はなくてはならない機能なのですが、わざわざ設定が目から開くのが面倒だったので、今回のようにキーボード設定が開けるのは本当に便利なので、ぜひ使って欲しいです。

片手キーボードについて書くつもりでしたが、最後は別の機能で熱くなってしまいました(笑)

iPhoneの機能はたくさんありますので、自分に合ったものを活用してくださいね!