【バンドルカードとは】使い方や気になる手数料を調べてみた

今や、なくてはならない支払いツール担っているクレジットカード。

インターネットショッピングなどの普及で、Web関連の支払いはクレジットカードを使用するものが多くなっているので、クレジットカードを持ってないと困りますよね。

そんなときに使えるのが、今回ご紹介する「バンドルカード」です。

チャージ式のVisaプリペードカードである、バンドルカードの申し込み方法からチャージ方法、安全性など詳しくご紹介していきます。

バンドルカードとは?

バンドルカードとは「アプリから誰でも作れるVisaカード」というコンセプトのチャージ式のVisaプリペイドカードです。

バンドルカードは「アプリから誰でも1分で作れるVisaカード」というコンセプトのチャージ式Visaプリペイドカード。生年月日と電話番号だけでアプリからすぐにネット決済専用のバーチャルカードが発行され、希望者は実店舗で使えるリアルカードを持つことができるようです。

クレジットカードを持っていない人にはプリペイド式でクレジットカードとしても使える使えるバンドルカードは有効活用できそうですね。

バンドルカードアプリのインストール

まずはバンドルカードのアプリをインストールします。

App Storeで「バンドルカード」と検索すると一番上に表示されるので、インストールしてください。

iPhoneアプリはこちら

Androidアプリはこちら

バンドルカードの使い方

ここからは、バンドルカード申し込みの手順から実際に使用するまでをご案内します。

バンドルカードにアカウント情報を登録する

インストールしたバンドルカード アプリを初期画面で、「はじめる」をタップしてアカウント情報の登録を進めましょう。

 

アカウント登録画面で、「ユーザID・パスワード(招待コード※あれば)」を入力して、「次へ」をタップします。

 

次に、「生年月日・性別」を入力して「次へ」をタップします。

 

続いて、「電話番号」を入力して「認証」をタップします。

 

ポップアップで、入力した電話番号に認証番号を送るアナウンスが表示されますので、「OK」をタップして送信します。

 

SMSで届いた認証番号を入力して、「認証する」をタップします。

 

最後に、入力した情報の確認画面が表示されますので、「利用規約に同意する」にチェックをつけて「次へ」をタップして、アカウント情報の登録が完了です。

 

アカウント登録後にサービス紹介画面が表示されますので、「はじめる」をタップします。

 

カード情報が表示されるので、下部の「ようこそ」をタップするとバンドルカードを使用することができます。

バンドルカードにチャージする

バンドルカードはプリペイドカードなので、カードにチャージすることで、使用することができます。

チャージの方法は

となっています。

各種チャージ方法はバンドルカード公式ページで詳しく解説していますので、リスト内のリンクを参考にしてください。

バンドルカードの手数料

バンドルカードを利用するのに手数料はかかりません。

2018年7月23日からは、120日以上利用がないと発生していた口座維持費も無料になったので、バーチャールカードを利用するために必要な費用は全くありません。

ただし、リアル店舗で利用するために必要な「リアルカード・リアルカード+」を利用するためには、新規カード発行費用としてそれぞれ300円(リアルカード)、600円(リアルカード+)かかります。

バンドルカードの補足

バンドルカードアプリを利用した支払いはWeb上の決済には利用できますが、実店舗には利用することができません。

前述した通りリアル店舗でも利用したい方は、リアルカードの発行(カード発行費用300円)が必要です。

個人的にはバンドルカードのリアルカードはクレジットカードと違い毎回チャージが必要なので、現金で支払いすることに慣れている人は特に必要はないのかなと思います。

リアルカードの補足

リアルカードは「ガソリンスタンド・宿泊施設・公共料金・定期支払い・定期購入・保険料の支払い・高速道路料金・機内販売・自動券売機など暗証番号が必要なお店・本人認証(3Dセキュア)が必要な加盟店」では利用できません。

リアルカード+(カード発行費用600円)ではガソリンスタンド、宿泊施設では利用できるようです。

バンドルカードまとめ

今回、バンドルカードの使い方や機能を調べてみて、クレジットカードを持っていない方にはかなり便利な方法だと感じました。

インターネットでの決済ではクレジットカードしかないものも少しずつ増えてきているので、そんなときには使わない手はないですね!

ただ、リアルの店舗で使うとなるとチャージの手間がかかりますし、チャージ金額の上限もあるので、高い買い物となると使い勝手は良くないなと思います。

その人の状況に応じて、うまく使い分けるのがいいかと思うので、賢く使い分けてくださいね。