【2018年最新】クラウドファンディング「Readyfor」から手数料が安い新プランが登場

クラウドファインディングという言葉が広まって来て、2018年3月にはぽこみちも使ったことがあるCAMPFIREの手数料の改定(値上げ)が実施されました。

そんな中、CAMPFIREと並ぶ知名度を誇るReadyforから手数料の安い新プランが登場しました。

今回はReadyforの新プランも含めたサービス内容をまとめてご紹介します。

Readyforから登場した「シンプルプラン」

新しい「シンプルプラン」はキュレーターというクラウドファンディング企画のコンサルタントが付かないことで、従来の手数料17%(決済手数料5%込み)から5%安い12%になります。

使える機能はそのままに、手数料7%+決済手数料5%でご利用いただけます。過去の経験にもとづく安心サポートと、プロジェクトタイプ別に、ページやリターン、広報のアドバイスを行います。アドバイスを反映するのも、自分のやり方で実施するのも自由。ご自身のペースでクラウドファンディングを進められます。

Readyfor

シンプルプランの特徴

手数料が安い(12%)

とにかくシンプルプランのポイントは手数料の安さに尽きます。

これまでCAMPFIREを使っていて、手数料が上がったときは少し困りましたが大手のクラウドファンディングサービスが12%でサービスを提供してくださるのが本当にありがたいです。

クラウドファンディング経験者なら楽

Readyforの特徴であったキュレーターが付かない分、クラウドファンディング経験者の方は気軽に企画を実施できます。

手数料も安いので自分で企画や文章作成ができるという人は「シンプルプラン」がいいですよ。

Readyfor従来の「フルサポートプラン」

Readyforのこれまでのプラン内容がこのフルサポートプランです。

手数料はこれまで通りの17%(決済手数料5%込み)です。

キュレーターと呼ばれるクラウドファンディングにおける“コンサルティングのプロ”が、専任でプロジェクト終了まで伴走する安心のプランです。
サポート料12%+決済手数料5%でご利用いただけます。

Readyfor

フルサポートプランの特徴

キュレーターがサポートしてくれる

フルサポートプランの一番の特徴は担当のキュレーターが付くことです。

担当キュレーターがクラウドファンディングの企画やリターンの内容などサポートをしてくれるので、初めてクラウドファンディングをしてくれるので安心して企画を実施できます。

公開前、公開後に電話(もしくは対面で)打ち合わせを実施

クラウドファンディング企画の公開前後にしっかり打ち合わせを実施してくれるので、電話での打ち合わせをしたいという人にはいいですね。

ページ構成、文章を共同作成・戦略プランを共有

クラウドファンディングのページや文章構成、企画成功のための戦略プランもしっかり提案してくれます。

Readyforのまとめ

Readyforから提供されたシンプルプラン。

個人的には12%の手数料でクラウドファンディング企画ができるのは本当にありがたいです。

とはいえ、これまでの手数料17%でもCAMPFIREと同じ手数料ですし、初めて企画をする人やちょっと不安がある人は従来のフルサポートプランもあるので選択肢があるのはいいですね。

CAMPFIREが手数料を上げた反面、Readyforが手数料を下げる。

対照的な動きになっていますが、今後クラウドファンディングの市場がどうなるのか個人的に楽しみです!