格安SIMに変更したらいくら安くなるのか調べてみた ~その2~

前回まで主にぽこみちがどういった基準でiPhone7plusを選んだのかと、各キャリアのSIMロックの解除方法に関してご紹介しました。

今回は「どの格安SIMを選ぶのか」、「格安SIMの申し込み方法」に関してご紹介します。

 

はじめに

格安SIMを選ぶ基準を説明する前に、簡単に格安SIMに関して説明します。

前回のブログでも説明しましたが、格安SIM会社は、Softbank、docomo、auの電波を使ってサービスを提供してます。そのため、格安SIMをも大きく3つの区分に分かれます。

Softbank回線の格安SIM

  • U-mobile(ユーモバイル)
  • b-mobile(ビーモバイル)
  • Y!nobile(ワイモバイル)

調べてみると、Softbank回線の格安SIMはほとんどなく、まだまだメジャーではなさそうです。ぽこみちはSoftbank回線は考えず、docomo、auから検討しました。

docomo回線の格安SIM

  • mineo(マイネオ)
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
  • U-mobile(ユーモバイル)
  • IIJmio(みおふぉん)
  • OCN モバイル ONE
  • DMM mobile

この他にもいろありますが、紹介はこのくらいで。

au回線の格安SIM

  • mineo(マイネオ)
  • UQ-mobile(ユーキューモバイル)
  • IIJmio(みおふぉん)
  • J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)
  • Fiimo(フィーモ)
  • TikiTiki(Tikimo)

au回線も多数ありますが、紹介はこのくらいにします。

 

見ていただいてわかるように、2017年7月現在ですと格安SIMはdocomo、au回線を使用したものが主となりますので、その中から検討するのが良いかなと思います。

格安SIMを選ぶ基準

格安SIMを選ぶにあたり、ぽこみちが基準にしたのが

  • 料金
  • 速度
  • 信頼性

の3点です。

1点目の料金に関してですが、どこの格安SIMも各キャリアよりも安くなるので、最終的な判断材料にはしませんでした。

2番目の速度はかなり重要です。これは会社によって異なり、「格安SIM 速度 比較」と検索すると速度検証しているブログが多数出てきます。気になる方は調べてみてくださいね。

速度と信頼性を加味して、ぽこみちが候補として出したのは

  • mineo(マイネオ)
  • UQ-mobile(ユーキューモバイル)

のふたつでした。細かい疑問点があった際、mineo、UQ-mobileの2社に電話をしたのですが対応もかなり良かったので安心かなと思います。

※U-mobile(ユーモバイル)が早いという情報もあったのですが、音声通話SIM(電話番号があるSIM)が使えなかったので今回は候補に上がりませんでした。

 

mineo、UQ-mobileの特徴

候補が2つになりましたが、結論から言うとぽこみちはmineoのDプラン(docomo回線のプラン)にしました。

理由はただ1つ

iPhone7plusでテザリング対応ができるのがそれだけだったから!!

これ、外出先で仕事をするぽこみちにとってはほんとに大事なんです。せっかくiPhone端末を新しくして、料金が安くなっても、テザリング出来なかったら無意味なんですよ。

通信速度を考えるとUQ-mobileがよかったのですが、こればっかりは仕方がありません(笑)

 

結論を先にお伝えしてしまいましたが、mineo、UQ-mobileの特徴を簡単にご紹介します。

mineo(マイネオ)

最近はテレビCMもやっているmineo。docomo、au両方の電波を使うことができて、それぞれDプラン、Aプランとあります。

それぞれ料金が少し異なりますので以下の表よりご確認ください。

    

シングル通信のみ(電話番号無し)の場合は料金は同一ですが、電話番号が必要になるとAプランが若干安くなります。

mineoの特徴としては20GB以上のプランですと他社よりも安くなる点があります。また、mineoには解約の違約金がないので通信速度等に満足いかなくてもすぐ解約することができます。

補足として、顧客満足度もNo1みたいです。

ただ、Aプランに関してはiPhoneのテザリングができません!テザリングを考えておられる方はぽこみち同様、Dプランでの契約が必須です。

詳細の各プランでの動作確認は以下よりご確認ください。

Dプランの動作確認端末一覧

Aプランの動作確認端末一覧

 

UQ-mobile(ユーキューモバイル)

UQ-mobileも深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんのCMで有名ですよね。

UQ-mobileでいいなと思った点は「データ通信無制限」のプランがあること。これがあれば、外出先でどれだけテザリングしてパソコンで作業してもデータ残量を気にしなくても良いのです!

通信量を使うという方はほんとにおすすめなのがUQ-mobile!ただ、1点だけぽこみちにとって問題だったのは、iPhone7、iPhone7plusでは動作確認ができておらず、テザリングが出来なかったこと

これはどうしようもありませんでした。

もし、iPhone6やiPhone6plusだったらUQ-mobileにしていたと思います。そのくらいデータ無制限は魅力的ですし、通信速度も問題なく速かったです。

UQ-mobileの動作確認

 

まとめ

ぽこみちの調べた主観的な判断ですと

  • iPhone7、iPhone7plus ⇒ mineo
  • iPhone6plus以前の機種 ⇒ UQ-mobile

という結論に至りました。

テザリングが必要ない等の条件によっておすすめの格安SIMは変わるかもしれませんが、現状この2社がおすすめですね。

今回はこのくらいで。次回はぽこみちが申し込みを決めたmineo(マイネオ)の申し込み~導入までをお伝えします。

 

<バックナンバー>

「格安SIMに変更したらいくら安くなるのか調べてみた ~その1~」

<最終回その3へ>

「格安SIMに変更したらいくら安くなるのか調べてみた ~その3~」

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加