【コーチング英会話】トライズ(TORAIZ)で英語力アップを目指す【2,3週目】

こんにちは、ぽこみちです。

トライズでの学習スタートから3週間が経過しました。

圧倒的に英語に触れる機会は増えているわけですが、実際に英語力が付いているかどうかはまだまだ実感はできるまでには至ってないかなという感覚。

前回のプログレスチェックから2週間経過して、2回目のプログレスチェックも終了したので現状も踏まえて学習進捗情報をまとめておこうと思います。

トライズ学習スタートから3週間経過

前回も書きましたが学習時間は変わらず、以下の内容で週20時間の英語学習を目指します。

  • リスニング学習1日1時間
  • スピーキング学習1日1.5時間
  • 週2回25分のプライベートレッスン
  • 週1回50分のグループレッスン
  • レッスンの前後に30〜60分程度の予習復習

プログレスチェックまでの目標としている学習内容は

  • SCREENPLAY プラダを来た悪魔「Chapter8・Paris」
  • リプロダクショントレーニング「Lesson4〜Lesson9」
  • Real英会話で新しい表現30個の暗記

の上記3点で1回目同様、プログレスチェックでコンサルタントさんにテストしてもらいます。

使用している教材は入会編で紹介しているので、気になる方は参考にしてください。ちなみに、SCREENPLAYのプラダを着た悪魔は他の生徒さんも利用されているみたいです。

反省点

事前に決めた学習スケジュールで朝6時に起きてリスニング学習をする予定だったのですが、夜型の僕は起きれない…。

結局起きれたのは1週目だけで、2週目からは夜に勉強時間を回すことになって学習時間を確保できない日が多くなってしまいました。

初めから朝以外を学習時間に設定するのが良かったです(笑)

TORAIZ 学習実績

ちなみにこちらは2月18日終了時点の学習実績なのですが、3週目にしてようやく週目標の20時間を達成できそうです。

学習内容

SCREENPLAYのプラダを着た悪魔はCHAPTER8のParisを徹底的にシャドーイング。

前回の範囲より難しい箇所が少なかったため、比較的楽なチャプターでした。

ただ、今回大変だったのがリプロダクショントレーニング。

Lessonが進むにつれ文章が長くなり、表現が豊かになるので少しずつ難しくなるのでしっかりと学習時間を確保する必要があります。

Real英会話も覚える構文が増えていくと大変ですが、テスト機能やレベル別の構文チェックなんかもあるので楽しみながらできました。

オンラインレッスン

オンラインレッスンについて、3週間実施してみて感じたのはグループレッスンで扱うテーマや題材がより難しいということです。

グループレッスン テキスト

画像は実際に使用したテキストになるのですが、僕の参加しているクラスでは1つのテーマについて2回(テキストメイン・テーマについての質疑応答)に分けてレッスンを行います。

これまで書いていた通り、週3回の英会話レッスンの内、グループレッスンを1回入れるかどうかを決められるのですが、個人的にはグループレッスンならではの緊張感があるので、ありにして良かったなと思っています。

プライベートレッスンは比較的リラックスして、テーマを主にプライベートなことも気軽に話したりすることもできます。

プログレスチェック

プログレスチェック

1ヶ月間限定の受講なので、2回目にして最後のプログレスチェック。

1回目同様学習の進捗と定着具合の確認をしっかりしていただいて、1ヶ月のレッスン終了後の学習方法や最後に受講するVersantテストに関するアドバイスしていただきました。

僕の担当のコンサルタントさんは褒め上手なので自信を持って学習を進めることができました。

今回でプログレスチェックは最後になりますが、日々の学習報告に対するメールで最終日までサポートしていただけるので引き続き安心して最後まで学習できます。

まとめ

正直、トライズでの学習スタートから3週間はあっという間です。

毎日の目標学習時間には追われていますが、英語を学習すること自体はストレスなく楽しくできているのですが、レッスン講師やコンサルタントさんのメールサポートがあるからだと思います。

トライズでの学習期間は残り1週間となりましたが、あと1週間と1ヶ月の成果を測るVersantテストまで頑張ろうと思います。

学習スタート時点のVersantスコア50を越えることができるのか…楽しみにしていてください!

トライズの詳細はホームページにてご確認ください。