簡単に自分用の質問箱を作れるサービス「Peing」の使い方

どうも、ぽこみち(@pokomichi_apple)です。

今回は匿名で質問を受け取れる質問箱サービス「Peing」に関して。

「Peing」はTwitterと連動して、Peingで貰った質問に返答するとTwitterにも投稿してくれるという優れたサービスです。

そして、「質問箱をやってみたい」という質問をもらったので、使い方をご紹介します。

 

Peingの始め方

まず、Peingにアクセスします。

※他の人の質問箱上部にある「Peing」の文字をタップで同じページにもアクセスできます。

「Twitterで登録/ログイン」をタップします。

 

TwitterのID、パスワードでログインします。

 

ログイン認証コードが届きますので、入力して「送信」をタップして完了です。

 

画像のような画面が開きます。※写真は登録されていません。

「編集」か右下の「設定アイコン」をタップすると画像等を設定することができます。

 

Peingに届いた質問に返答する方法

次に、Peingに届いた質問に返答する方法です。

画面下部中心のアイコンをタップします。新しい質問が届いているときは数字(質問数)が表示されます。

質問が表示されますので、返答する質問をタップします。

 

返答内容を入力して「回答する」をタップして完了です。

ぽこみちは質問内容が画像で表示されるとわかりやすいので、画像で返答しています。

 

このPeingというサービス、誰でも匿名で質問を受けられるので使っていて楽しいですし、こんなこと疑問に思われていたんだということも知ることができるのでオススメです。

とりあえず、やってみるって大事!

気になる方はほんとに簡単なのでぜひ使ってみてください。

 

ぽこみちへの質問も待ってます♪

ぽこみちの質問箱はこちら

 

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加