FX自動売買(EA)は海外口座運用をおすすめする4つの理由

こんにちは、ぽこみちです。

FX自動売買(EA)を始める際、一番初めにどのFX口座を使って運用するかを決めないといけません。

ひとくちにFX口座と言っても、国内口座と海外口座がありますし、その中でも色々な会社があります。

様々なFX口座がある中で、僕が海外口座をおすすめしている理由を今回紹介します。

ちなみに、僕は知名度や会社の規模等も踏まえてXM(Zero口座)にて運用しています。

海外口座運用をおすすめする4つの理由

まず、最初に4つの理由を列挙します。

  • スプレッドが狭い
  • 追加口座の複数申請ができる
  • EAの運用が可能
  • 税金面で都合が良い

この4つの理由から僕はFX自動売買は海外口座が良いと考えています。

スプレッドが狭い

まず、一つ目にして一番大きな理由がスプレッドが狭いことです。

正直、XM Zero口座はトレードの往復に手数料がかかるため、国内FX口座に比べて利益が見劣りする感は否めません。

僕も約定履歴を見て、手数料高いなぁ…とよく思ってます。

ただ、それを上回るスプレッドの狭さと約定能力の高さが魅力。

僕が運用しているPips_miner_EAでもGogoJungleのフォワードテスト実績(OANDAや外為ファイネストの国内FX業者x)はSLで大きく損失を出しいても、XM Zero口座では利益を出していることがあります。

これは、XM Zero口座は利確確定ができたけど、国内FX口座ではスプレッドが広くて約定できなかったことによって発生しています。

1度や2度ではなく何度も経験しているので、高い手数料を払うとしても僕はXM Zero口座を利用しています。

追加口座を複数申請できる

二つ目のポイントは追加口座を複数申請できること(XMの場合8口座まで)。

外貨ファイネストでは2口座までしか開設できず、審査落ちすることもあるみたいです。

厳密に複利運用を行いたいとき、1つの口座に1つしか運用できないEAを導入するときは複数口座の開設が必要になるので、その際は海外FX口座が便利です。

実際、僕も自動売買用口座と裁量トレード用口座の2つを開設しています。

EAの運用が可能

三つ目はEAの運用ができるということ。

国内FX業者でEAが使えないというところはたくさんあります。

OANDAや外為ファイネストは国内FXでもEAを許可していますので、どうしても国内で運用したいという人は、この2つから選ぶのがいいと思います。

税金面で都合が良い

最後のポイントは税金面です。

海外FXの収益は雑所得に分類されます。

雑所得の場合、税金が高いと言われがちですが、実際は大金を稼がない限りそこまで変わりません。

むしろ収入が少ない場合だと雑所得の方が税金が安くなることがあります。

加えて、海外FX口座でのトレードで発生した売買手数料は経費として利益から費用として差し引くこともできます。

国内FXと海外FXの課税制度の違いについては別記事でまとめています。

まとめ

今回は僕がFX自動売買(EA)を運用する際に海外FX口座をおすすめ理由を解説しました。

個人運用で総合的(約定や税金面)に収益の最大化のためEAを運用する場合、海外FX口座以外の選択肢はないと僕は考えています(法人の場合は異なります)。

XMでの口座開設を考えている人は、スプレッドの狭いZero口座で運用するのを間違えないでくださいね。