【副業投資】0からFX自動売買(システムトレード)を始める方法

こんにちは、ぽこみちです。

今回は僕が今年から始めたFX自動売買について、始めた理由と同じようにFX自動売買で投資を始めたいという人向けに始め方を詳しく紹介していこうと思います。

副収入として投資はしたいけど何がいいかわからないと思っている人も検討してみてください。

ただし、どんな投資もリスクがあるので、それはしっかり考えて始めてくださいね。

FX自動売買とは

FXの自動売買は為替相場でEAという自動売買ソフトを使って自動で売買を行う投資方法です。

自分で取引口座開設、ソフト設定して運用するものや証券会社で提供しているもの(自分で設定が不要)などがありますが、この記事では僕が実際に運用している自分で開設や設定する方法を紹介します。

FX自動売買は本当に儲かるのか?

やっぱり運用する上で気になるのは本当に儲かるのかということ。

僕自身は正直なところ資金管理のミスなどもあり2019年5月から70万円で初めて少し前までは好調だったのですが、コロナの影響で一気に損したソフトがあり、現在15万円ほどのマイナスです。

Pips_miner_EA

僕の導入している「Pips_miner_EA」という自動売買ソフトは一時的に落ちてる時期はありますが、収益は右肩上がりで増えているので、ソフト選びや資金管理を失敗しなければ増えると思っています。

そう考えているからこそ投資しているわけですが(笑)

自動売買のメリット・デメリット

FXの自動売買を始めようと思っている人は、最初にメリット、デメリットをしっかり理解しておいてください。

自動売買のメリット
  • 投資知識がなくても運用できる
  • 自動なので時間がかからない(初期設定のみ)
  • トレードに感情移入しない

自動売買の特徴は何と言ってもトレードに時間が取られないことです。

この記事を見ている人はトレーダーとして投資をするわけではないと思うので、別のことをしているときに売買してくれるのが一番大きいです。

自動売買のデメリット
  • 初期設定に手間がかかる
  • EAソフトを選ぶ必要がある
  • 常に勝ち続けるわけではない

デメリットは運用開始までに手間がかかることです。

また、自動売買も常に勝ち続けるわけではないので、その点は考慮しておく必要があります。

0からFX自動売買を始める方法

ここからはFX自動売買を始めたいと思っている人向けに設定と運用方法を細かく説明していきます。

手順は大きく5つに分かれます。

  1. FXの取引口座を開設
  2. VPS(仮想サーバ)を申し込む
  3. MT4(取引するアプリ)を導入する
  4. EAソフトを購入する
  5. EAソフトを設定する

初めて聞く単語(VPS、MT4)も多いかと思いますが、その辺りも解説していきます。

《STEP1》FXの取引口座を開設

まずは、FX取引を始めるために口座の開設を行います。

FXの自動売買ができる口座は国内、海外問わず様々ありますが、僕が使っているのは海外のXMが提供しているZero口座です。

XM Zero口座を選んだ理由

スプレッドが狭い

XM Zero口座だとスプレッドという売値と買値の差額がかなり狭いです。

スプレッドが狭いことで自動売買での利益が出やすくなります。

自動売買の場合、わずかなスプレッドの違いで利益が出ていた取引で損失が出ることもあります。

スプレッド表示
資格で囲った部分がスプレッド
レバレッジが500倍

XMだけでなく、海外のFX口座はハイレバレッジで取引ができるのがもう一つのポイント。

国内口座だと基本的に25倍なのに対して、海外口座だと100倍以上での取引が可能です。XM Zero口座は最大レバレッジが500倍。

メモ

レバレッジがあると今ある資金以上の取引ができます。

例)レバレッジ25倍、口座残高100万円 ⇒ 2500万円分の取引が可能

追証がない

最後の大きな理由は追証がないということです。

FXでは急な為替変動で口座残高を上回る含み損を抱えることがあります。

そうなると差額分損益の入金が必要。つまり、借金を抱えることになります。

2019年の年始に起きた為替の急落で一瞬で大きな借金を抱えた人がいましたが、追証がない口座の場合は資金は無くなりますが、借金を抱えることがありません

XM Zero口座の開設方法

ここからは簡単にXMでの口座開設方法を説明します。

  • 口座開設申し込み
  • 申し込み口座の有効化
  • 口座へ資金を入金する

簡単には上記3ステップで投資口座を開設することができます。

口座開設申し込み
XM開設方法

まずは、XMのホームページにアクセスして、「口座を開設する」をクリックします。

XM口座開設 個人情報
XM口座開設 取引口座詳細

リアル口座の登録画面が開きますので「名前・居住国・希望言語・電話番号・メールアドレス」を入力して、

  • 取引プラットフォームタイプ:MT4
  • 口座タイプ:XM Zero

を選択して、ステップ2へ進みます。

XM口座開設 個人情報
XM口座開設 住所詳細

続いて、「個人情報・住所(建物名、部屋番号の記載は不要)」を入力して、納税義務のある米国市民ですか?の項目は「いいえ」を選択します。

XM口座開設 取引口座詳細

次に、取引口座詳細を入力します。

  • 口座の基本通過:JPY
  • レバレッジ:一番大きなレバレッジにしておいて大丈夫です。※ゼロ口座の場合は1:500
  • 口座ボーナス:はい、ボーナス受け取りを希望します

上記の通りに入力すればOKです。

XM口座開設 投資家情報

投資家情報は自分に適した内容を入力します。

XM口座開設 口座パスワード

最後に、口座ワスワードと確認事項にチェックをつけて、「リアル口座開設」をクリックします。

申し込み口座の有効化

申し込みが完了したら、フォームに入力したメールアドレスにXMからメールが届きますので、確認してください。

XM口座有効化

メールにある「こちら」または「Eメールアドレスをご確認下さい。」をクリックしてメールの認証、口座開設の確定を行います。

XM口座有効化

これで口座開設が完了なので、次にXMにログインして口座を有効化します。

メモ
XM口座情報

口座開設が完了すると、IDとサーバー情報(XMTrading-Real XX)がメールで届きますので、IDがわからなくなった人は確認してください。

XM口座有効化

アカウントにログインすると、口座を有効化するアナウンスが表示されていますので、「こちらより口座を有効化する」をクリックして有効化を進めます。

注文内容の確認 CRS

「追加情報の入力が必要です- CRS」という項目が表示されるので、

  • マイナンバーをお持ちですが?:はい
  • 納税国を選択してください:Japan

を選択して「送信」をクリックします。

XM口座有効化 マイナンバー

マイナンバーの入力項目がありますので、入力して「確定」をクリックします。

XM口座有効化 身分証明書

最後に、身分証明書と住所証明書のアップロード画面が開きますので、それぞれ登録をして、「書類をアップロードする」をクリックして完了です。

登録が完了すると審査が始まり、24時間以内に口座の有効化が完了します。

XM口座有効化

口座の有効化が完了したら、アカウント名の右に「認証済」のマークがつきます。

口座への入金方法

最後に口座への入金方法を解説します。

入金方法は一番メジャーな国内銀行送金の方法を紹介します。

資金入金方法

XM管理画面にあるの「入金」ボタンをクリックします。

資金入金方法

Bitwalletやクレジットカードなどの支払い方法もありますが、今回は「Local Bank Transfer」をクリックします。

資金入金方法

りそな銀行の送金先情報が表示されるので、自分の銀行から振込を行えば完了です。

振込の際の注意点は振込人名義に表示されている「ローマ字氏名+口座番号」に変更することです。

振込が完了したら、営業日なら30分〜1時間ほどでXMの口座への入金が完了するので、MT4での取引ができるようになります。

《STEP2》VPS(仮想サーバ)を申し込む

次にEA(自動売買ソフト)で取引をするために必要なVPS(仮想サーバ)の使用方法を解説します。

VPSとは

EA運用はいつトレードをするかわからないので、常にPCを稼働しておく必要があります。

自分のPCを使ってもいいのですが、OSのアップデートでPCが再起動するなどのリスクがあります。

そんなときに使えるのがVPSという仮想サーバで、オンラインで常に稼働しているPCを所持することができるイメージのものになります。

VPS申し込み

まずは、XMにログインしてメニューの「口座」を開いて、「VPS」をクリックします。

VPS申し込み

VPSページ内に「MT4 VPS(有料)のリクエスト」の項目があるので、「VPSをリクエストする」をクリックします。

VPS申し込み

確認画面が表示されるので、「確定」をクリックして申し込みは完了です。

VPSを無料で利用する方法

XMのVPSは通常1ヶ月28ドルかかりますが、以下の2つの条件を満たすと無料で利用することができます。

  1. 口座残高が5,000ドル(約60万円以上)
  2. 月間取引5Lot以上

新規申し込み時には口座残高がある必要があるので、先に入金を済ませておきましょう。

申し込みが完了するとBeeksFXから申し込み完了後、英語のメールが届きます。

VPS申し込み

メールの中の赤く囲った部分が重要な情報になります。

ここからはVPSへのアクセス方法になりますが、WindowsとMacで方法が異なりますので、分けて説明します。

WindowsでVPSにアクセスする方法

まず、WindowsからVPSにアクセスする方法から解説します。

VPSへのアクセス方法 windows

まず、BeeksFXから届いたメールにある「Download RDP File」をクリックして、RDPファイル(VPSに接続するアプリ)をダンロードします。

VPSへのアクセス方法 windows

この画像のアプリがダウンロードされたら開いてください。

VPSへのアクセス方法 windows

パスワードの入力が求められますので、メールに記載されているユーザーネーム(Administrator)パスワード(Initial Passwordに記載されています)を入力します。

VPSへのアクセス方法 windows

パスワード変更必須との注意画面が表示されるので「OK」をクリックします。

VPSへのアクセス方法 windows

新しいパスワード入力画面が表示されるので、入力して完了です。

なお、パスワードは大文字・小文字・数字を組み合わせて10文字以上で設定します。

VPSへのアクセス方法 windows

これでVPSに接続できるようになりました。

※Windowsの場合は毎回パスワードの入力が求められます。

MacでVPSにアクセスする方法

次に、MacからVPSにアクセスする方法です。

Macの場合はMicrosoft Remote Desktopを使ってVPSに接続します。

まず、Microsoft Remote DesktopのサイトにアクセスしてApp Storeからアプリを入手します。

VPSへのアクセス方法 mac

僕が使用しているのはバージョン8なのですが、Remote Desktop 10でも同様にアクセスができます。

VPSへのアクセス方法 mac

Microsoft Remote Desktopを開くと上の画像と同じ画面が開きますので、左上の「+」をクリックします。

VPSへのアクセス方法 mac

接続先の情報入力画面が表示されるので、

  • Connection name:任意のワード
  • PC name:BeeksFXのメールに記載されたIPアドレス
  • User name:Administrator
  • Password:BeeksFXのメールに記載されたパスワード

を入力してこの画面を閉じると、登録したアカウント情報がが表示されるので、それをクリックするとVPSにアクセスできます。

VPSへのアクセス方法 mac

ここからはWindowsと同じ作業になります。

※2回目以降はMicrosoft Remote Desktopに登録した表示をクリックするとすぐにアクセスできます。

注意

Microsoft Remote Desktopに登録したパスワードは初回ログイン後に変更する必要があります。

《STEP3》MT4(取引するアプリ)を導入する

VPSにアクセスしたら、VPS上で日本語版のMT4というEA運用に必要なアプリをダウンロードします。

日本語版MT4

接続しているVPSのPCは通常のWindowsと同じなので操作は難しくありません。

すでにインストールされているFIrefoxブラウザからXMの公式ページにアクセスして、プラットフォームからWindows版PC対応のMT4をダウンロードしましょう

日本語版MT4

≫ MT4ダウンロードページ

日本語版MT4

ダウンロードファイルを開いて、ダウンロードが完了したら日本語版MT4のアイコンがデスクトップに表示されるので、今後はこちらを使用します。

《STEP4》EAソフトを購入する

口座開設、VPS申し込みとMT4のダウンロードが完了したら、あとはEAを購入して運用するだけです。

いろんなEAソフトがありますが、GogoJungleというサイトでEAを購入することができます。

僕が自動売買を始めてずっと運用しているのがPips_miner_EAというEAです。

少し値は張りますが、資金管理さえしっかりすれば今のところしっかり稼いでくれて安定感もあります。

購入したらVPSのパソコンでEAソフトをダウンロードします。

EA購入

GogoJungleの場合はマイページを開くと左にメニューがあるので、その中の「ダウンロード商品」を開きます。

EA購入

開いた画面に商品一覧が表示されますので、商品名をクリックします。

EA購入

開いた商品詳細画面で「商品ファイル」をクリックするとEAファイルがダウンロードされます。

EA購入

EA運用時に使用するのは赤く囲った「.ex4」で終わるファイルなので、覚えておいてください。

《STEP5》EAソフトを設定して運用する

EAソフトを購入したら、最後にMT4にEAソフトを設定して運用を開始します。

MT4にログインする

MT4ログイン

ダウンロードした日本語版MT4を開くとサーバーの選択画面が開くので、自分のサーバーを選択して「Next」をクリックします。

自分のサーバーが見つからないときは「MT4設定時にログイン口座・取引サーバー情報がない場合の対処法」のページで解決方法がありましたので、参考にしてください。

メモ
サーバー確認方法

自分のサーバーはXMのユーザー画面や申し込み時のメールで確認できます。

MT4ログイン

サーバー選択後にログイン情報の入力画面が表示されるので、「Existing trade account」にチェックをつけ、XMのログイン情報を入力して「Finish」をクリックすれば、MT4へのログインが完了して画面が開きます。

MT4の初期設定

チャートなどが表示された画面が開きますので、まず左上にあるシンボル(取引通貨)を整理するとわかりやすいですよ。

MT4設定

Symbolsの箇所で右クリックをして表示されるメニューの「Hide All」で全ての表記を非表示にすることができ、「Symbols」でSymbolの追加画面が開くことができます。

MT4設定

該当の通貨をダブルクリック、または選択してShowをクリックするとSymbolsに表示されるようになります。

注意点
注意点

画像の様にEURUSD.やGBPUSD.のように文字が黒色になっているものが取引可能な通貨です。

灰色のEURUSDやEURUSDはEAを入れても動きませんので注意してください。

Symbolsに表示させたものは、右ウィンドウにドラッグ&ドロップしたり、右クリックで「チャートを表示」をクリックすることで、チャートとして表示させることができます。

MT4にEAを導入・設定する

ついにMT4にEAを導入して運用を開始する最後の手順です。

EAの導入・設定

まず、上部バー左にある「File」から「Open Data Folder」を開きます。

EAの導入・設定

データフォルダの中にある「MQL4」フォルダを開きます。

EAの導入・設定

MQL4にある「Experts」を開きます。

EAの導入・設定

その中に、購入したEAソフトの「.ex4」ファイルを入れます。

ここまでできたら、一旦MT4を閉じて開き直してください。

EAの導入・設定

すると、MT4の左下にある「Navigator」の中にある「Expert Advisors」に追加したファイル名のEAが表示されます。

EAの導入・設定

ここまでできたら、取引を行う通貨ペアのチャートを開いて、時間足をEAの稼働するものに設定して、Auto TradingをON(画像と同じならOK)にしてください。

EAの導入・設定

設定の時間足はEAファイルが入ったフォルダの「EA_manual.txt」を開くと書いてありますよ。

次に、設定したチャートにNavigatorに表示されているEAドラッグドロップします。

EAの導入・設定

EAの設定画面が開きますので、「Common」タブを開いて画像と同じようにチェックを付けてください。

EAの導入・設定

「Inputs」タブで取引のロット数や複利設定などEAの詳細設定を変更することができますので、設定完了後に「OK」をクリックしたらEAの設定と導入が完了です。

Inputsで抑えたい設定
  • Lot:1ポジションのロット数
  • Max_lot_size:ロットの最大値 ※Lotを変更したら変更必要
  • MM:複利設定(trueで複利設定)※trueにした場合Lot数の設定は無効
  • MM_balance_mode:複利のLot計算方法(trueは残高ベース、falseは余剰証拠金ベース)
  • Setting_MM_Percent:複利運用のLot計算の割合(100万円で1%の設定の場合、0.1Lot)

EAが問題なく稼働してるかの確認方法

EA設定確認

EAが問題なく稼働しているかは、チャートの右上に表示されている顔マークがニコちゃんマークになっているかどうかで確認できます。

また、チェートの右上にチャートとEAの設定情報が出ているかも確認すると安心です。

日々の稼働状況は各EAの販売サイト(GogoJungle)で更新されていたりもするので、サイトで売買実績があるけど、自分のEAが動いていなというときは、販売している方に確認するのもありですよ。

FX自動売買のまとめ

今回は僕が昨年より運用を始めたEA(FX自動売買)についての情報や運用の始めたかについてまとめました。

口座開設や各ソフトの設定など、導入時は手間がかかりますが、運用を開始するとトレードは自動でやってくれるので、資金管理やロット設定さえしっかり行えば時間をかけずFX投資を行うことができます。

投資はしたいけど、忙しくて時間がかけられないという人には本当におすすめです。

ただし、投資にリスクは付きものなので、リスクを抑えて余剰資金で運用してくださいね。

運用開始に至るまでに不明点等ございましたら、お問い合わせページからお問い合わせください。