【LINE】送信メッセージの取り消し方法|通知相手の表示等の仕組みまとめ

LINEで間違えてメッセージを送ったことは誰しもあるはずです。

一度送信してしまったメッセージは自分のトーク上でのみの削除であったため、どうすることもできませんでしたが、2017年12月より「送信取り消し」機能が追加されました。

これにより、24時間以内であれば送信されたメッセージは送信相手のトーク上からも削除できるようになりました。

今回はメッセージの送信取り消し方法に加えて、取り消しをした際に投稿通知がどのように相手に通知されるのかを含めてご紹介します。

広島で旅館のWebサポート、染め物、ブロガーをしているぽこみち(@pokomichi_apple)です。

 

LINEの送信取り消し機能について

LINEの取り消し機能は、24時間以内に送信したテキストやスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージURL、連絡先、LINE MUSIC、ファイル、位置情報、通話履歴が対象です。

個別トークだけでなくグループトークも対象で、スマートフォン、PC版のLINEでも利用できます。

注意

Chrome版LINEでは相手が取り消したメッセージは取り消すことができないみたいです。

LINEの送信取り消し方法

LINEのメッセージの取り消し方法を説明します。

一度やってみるとわかりますが、本当に簡単です。

まず、取り消したいメッセージの長押しします。

 

メニューが表示されますので、「送信取消」をタップします。

 

送信取り消しの確認画面が表示されますので「送信取消」をタップして完了です。

メモ

確認画面にもあるように、相手のLINEのバージョンが古い場合、相手トークでメッセージが消えないことがあります。

取り消しが完了すると、トーク内の皆のトーク画面で該当のメッセージが表示されなくなります。

自分のトーク画面には「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。

 

相手のトーク画面では「○○がメッセージの送信を取り消しました」という通知が表示されます。

 

送信取り消しすれば相手に内容はわからないのか?

ここで気になるのは、メッセージを取り消したことが相手にバレないのか、そして取り消したメッセージの内容は相手にはわからないのかといいことですよね。

前述の通り、相手のトーク画面に「○○がメッセージの送信を取り消しました」と表示されるので、メッセージを削除したこと自体はわかってしまいます。

ただ、相手が未読の状態でメッセージを取り消した場合、トークリスト上からは新着バッジとメッセージが表示されないようになっているのでトークリスト最上部に上がることがなく、気づかれにくくはなります。

※通常は新着メッセージがあるとトークリストが最上部に表示されます。

さらに、相手がLINEの通知をONにしていて、通知履歴に表示する設定にしている場合はトーク内のメッセージを取り消したとしても、相手にメッセージの内容がわかってしまうことがあります。

 

LINEのように使用頻度の高く、公私共に活用するアプリはメッセージの誤送信もありますよね。

間違った相手にメッセージを送ってしまった際は、すぐにメッセージの取り消しをするのも必要ですが、シンプルに謝るのも大切です。

取り消し機能はもしもの時に便利ですが、時と場合によって使い分けましょうね。