【広島 人気店】タピオカミルクティーが楽しめるおすすめのお店

こんにちは、ぽこみちです。

2019年大人気のタピオカドリンクですが、広島でも続々とタピオカドリンクを楽しめるお店がオープンしています。

今回は僕が実際に行ったことのあるタピオカドリンクのお店を紹介します。

ただし、僕は基本的にタピオカミルクティーが好きなのでミルクティー主体での紹介になります。

広島のタピオカミルクティーが楽しめるお店

KOI Thé(コイティー)|広島市内3店舗

KOI Thé

KOI Thé(コイティー)は台湾のお茶専門のブランド店です。

東京、広島、沖縄に店舗がありますが、広島には3店舗(ジ・アウトレット広島、イオンモール広島府中、イオンモール広島祇園)もあります。

タピオカの種類が粒の大きなゴールデンタピオカと粒の小さなパールタピオカがあるのが特徴です。

タピオカミルクティーの価格はMサイズで580円(ミルクティー500円+タピオカトッピング80円)で、甘さがMore Suger〜No Sugerまでの6段階で、氷の量もお好みで注文することができます。

個人的に一番好きなタピオカミルクティーのお店です。

Gong cha(ゴンチャ)|紙屋町シャレオ

Gong cha

Gong cha(ゴンチャ)は2006年に台湾でできた台湾ティーブランドで、中国エリア初出店で広島市紙屋町シャレオ店オープンしました。

ドリンクの種類も多いですが、トッピングの種類が「ミルクフォーム・アロエ・ナタデココ・バジルシード・グラスジェリー」と豊富にあるのが特徴です。

ゴンチャでは甘さがゼロ〜多めの4段階、氷の量も4段階から選ぶことができます。

常に行列ができているので、時間にゆとりを持って平日のオープン直後10時半ごろまでに行くのがいいと思います。

台楽茶(タイラクチャ)|本通り

台楽茶

台楽茶(タイラクチャ)は本通りにできた自家製生タピオカスイーツの専門店です。

台湾から仕入れたタピオカ粉を使った自家製のタピオカを使っているのが特徴で、タピオカが出来る様子は店内で見ることもできます。

タピオカドリンクは6種類でタピオカの増量でき、タピオカミルクティーの場合は3段階から甘さを変えることができます。

ミルクティーは他のお店に比べてミルク感が強いのが特徴ですよ。

まとめ

広島の僕が行ったことのあるタピオカドリンクのお店を紹介しました。

まだまだ他にもお店もありますし、カフェでも提供しているお店が増えてきています。

今後も行ったお店を追加で紹介していきますので、気になるお店があったら行ってみてくださいね。