広島のグルメスポット「ブーランジェリー・ドリアン」

どうも、ぽこみち(@pokomichi_apple)です。

久しぶりに広島のグルメスポットをご紹介します。

今回は広島市内の八丁堀にあるパン屋さん「ブーランジェリー・ドリアン」。

 

ぽこみちはつい最近までこのパン屋さんのことを知らなかったのですが、大阪の友人であるスコップ(@mmmyantomoaki)が広島に来た際に、行きたいパン屋だったとSNSで投稿していたので、それからめちゃ気になってました。

 

ドリアンの営業日は木~土曜の3日間のみ。そして、県外から買いに来る人がいるほどの人気のパン屋さんなんです。

現に大阪在住のスコップが広島に来たときには、行きたいパン屋さんだったとのこと。

念願の広島のパン屋さんへ

大人気パン屋さんオープン前から長蛇の列ヽ(´o`;

前田 智章さんの投稿 2017年11月10日(金)

 

スコップが行ったときも、オープン前から長蛇の列だったそう。

この投稿を見てから、ずっと行きたかったドリアンに行けました!

八丁堀の交差点を白島方面(北)へ

八丁堀の交差点(福屋、ヤマダ電機のあるところ)から、路面電車に沿って白島方面(北)に向かいます。

日産レンタカーのある通りに入ります

途中で日産レンタカーのある通りに入ります。

この時代を感じる置物が目印です

通りの右手にドリアンがあります。

この昔ながらのパン屋さんの置物が目印です。

ビルの奥に進むとお店があります

ビルを奥に入っていくと、突き当たりにお店があります。

おしゃれにパンが並んでます

この日は15時ごろに行ったのですが、まだ残ってました!

今回購入したのは、「カンパーニュ」と「ブリオッシュ」です。

「カンパーニュ」

自家製のルヴァン種をしっかり配合して分解された小麦の旨み酸味を効かせています。
ライ麦で濃くある味になっています。 焼いた当日よりも数日経つとカラメル香が強くなり美味しくなります。

「ブリオッシュ」

ハレの日のパン。
フランスのブリオッシュほど重くはなく、優しい甘さとビスケットのような香り。
サックリとほどけつつしっとりしています。
週末にゆっくり食べるときや、おやつの時間にどうぞ。

基本的にぽこみちはご飯食なのでパンは詳しくないのですが、食べてみると、

カンパーニュはお食事用のパン

ブリオッシュは甘さ控えめのビスケット

見たいな感じです。

カンパーニュはお店などで食べたことありましたが、ブリオッシュははじめて。ほんのり甘さがあって美味しかったです♪

晩御飯でパスタと一緒に美味しくいただきました

この日の晩御飯に作った、ぽこみち特製のトマトパスタにもぴったりでした!

意外とハマったので、また買いに行こうと思います。

 

うちのようなレシピ(ルヴァンと呼ばれる小麦を継ぎ足すタネで焼くレシピ)で焼いたパンは、

1日置き、しっかりと落ち着かせて食べると、香りが良くなり美味しく頂けます。

焼くときにグワッと気化した成分が落ち着いて生地になじんでくると香りの成分になるからです。

薄くスライスしてそのままでお召し上がりください。

日に日に変わっていく香りをお楽しみください。

ドリアンのパンは、暖かい時期は2〜3日、寒い時期は5〜7日、常温で保存できます。

いちばんのオススメは、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れて置いてください。

2週間程保存できます。

お召し上がりの前にスライスして、しっかり熱したトースターまたはオーブンに数十秒入れ、

ほんのり温めて頂くと香りよく、美味しく頂けます。

ドリアンのホームページを見たらオススメの食べ方が載ってました。

前もって調べておけばよかった。

 

広島にお住まいの方はもちろん、県外の方も広島にお越しの際はぜひ行ってみてください!

※有機栽培の材料を使ったパンなので、お値段は高めです。

 

《ブーランジェリー・ドリアン》

ホームページ

住所:広島県広島市中区八丁堀12-9 広島SYビル1階奥

TEL:082-224-6191

営業日:木曜日・金曜日・土曜日

営業時間:12:00~18:00