【RIZAP ENGLISH英会話コース1週目】とにかく英語学習の習慣を身につける

こんにちは、ぽこみちです。

初回セッションが終了して目標毎日3時間の英語漬けの日々がスタート。

毎日3時間の確保は大変。

できるだけ時間を作って宿題を実施しましたが、なかなか理想通りにいかずセッションで勉強不足感を実感した1週目になりました。

RIZAP ENGLISH英会話コース1週目

RIZAP ENGLISHの学習は週2回(僕は月木20時〜)のセッションと週5回Camblyを使ったスピーチ練習。

そして、テキストを使った発話トレーニングとリスニング学習になります。

クイックレスポンス

RIZAP ENGLISH クイックレスポンス
使用教材:「究極の英会話(上) 中学1~2年レベル英文法100パーセント攻略」(C)ALC PRESS INC.

クイックレスポンスは中学レベルの英文法を使った例文をセッションごとに3Unit(30例文)学習して、日本語からすぐに英語に変換できるようにします。

1週間で60文。

中学英語なので序盤、特に1週目は簡単でした。(徐々に難しくなっていくんです。)

6STEPS(リスニング)

RIZAP ENGLISH リスニング
「改訂版 究極のビジネス英語リスニングVol.2」(C)ALC PRESS INC. を使用してディクテーションしたノート

比較的難しいのがリスニング。

ディクテーションで音声を止めながら英語を書き出すのですが、前置詞や冠詞などがきちんと聞き取れなかったり、単語のスペルや正確な意味がわからなかったりと時間をかけないとできません。

また、文章を見ながら音声を読み上げるオーバーラッピングや意味音読ができても、シャドーイングになるとまたレベルが上がって、しっかり英語の発音に口が慣れないとついていけなくなります。

継続することで慣れてはいくのですが、このリスニングの学習が一番時間を使いました。

Camblyでのスピーチ練習

1週目のスピーチトピックは「自己紹介」と「他己紹介」。

Camblyでのスピーチ練習について、最初は使いたい表現やポイントなどを箇条書きして取り組んでいたのですが、思ったようにスピーチができませんでした。

回数をこなすしかないのですが、僕の場合絶対に言いたい表現を文章で書き出しておくことで、少しずつ改善ができました。

また、Camblyで初対面の先生と話してみると自分に合わなかったり、一方的に話す人がいます。

Cambly

2週目ぐらいでわかってきたのですが、そんなときは画像で赤く囲った4つのポイント

  • 評価が高い
  • スーパー講師である
  • チャット1,000件以上
  • 教員資格あり

を満たしていると親切でこちらの希望(スピーチ練習や英語の訂正)をしっかり実施してくれる確率がかなり高いので、講師を選ぶ基準にしてください。

また、講師の詳細ページでレビューがしっかり残されているかをチェックするのもいいですよ。

予約を駆使

お気に入りの講師を見つけたらスケジュールから事前にレッスンを予約しておくのがおすすめです。

週2回のトレーナーセッション

週2回のトレーナーセッションでは基本的にクイックレスポンス、6STEPS(リスニング)の学習定着とスピーチの確認を実施します。

レッスンの中で英語の知識の深掘りや小ネタを教えてもらえますし、学習の中で疑問に思ったことを日本語で聞くことができるのが日本語ネイティブトレーナーとのセッションの良いポイントですね。

LINEサポート

日々の学習報告LINEでも不明点などの確認もできますし、学習時間確保の意識もプッシュしてもらえますよ。

RIZAP ENGLISH英会話コース2週目に続く

RIZAP ENGLISHでの学習1週目はとにかく時間を確保して学習内容になれることを意識。

ただ、2回のセッションで感じたのは勉強不足感です。

スタートしたばかりなので英語に慣れていないというのもありますが、しっかりと決められた時間学習しないと身につかない適切な学習量が提供されているのだと実感しました。

次回は英会話コース2週目の様子報告をしようと思います。