広島から行く観光スポット「島根県出雲市 はたご小田温泉」

どうも、ぽこみち(@pokomichi_apple)です。

今回は観光スポットというよりかは旅館なのですが、ぽこみちの好きな島根県出雲市の多伎町にある「はたご小田温泉」をご紹介します。

 

はたご小田温泉へのアクセス

はたご小田温泉へは広島駅から車で2時間30分ほど。おすすめのルートは中国自動車道を通って大朝インターで降りて、県道40号、31号を経由するルートです。※Googleマップで調べるとこのルートが出ます。

松江道ルートは時間は変わらないのですが、運転距離が長くなるのであまりおすすめはしません。

ちなみにおすすめのルートで行くと、世界遺産の石見銀山の側を通るので、途中で石見銀山観光をするのもいいですよ。

 

今回、ご紹介するはたご小田温泉は小田川の畔にある一軒宿です。

小田川の畔にある一軒宿です

川の流れをのんびり聞いているだけでも癒されます。

前日は台風の影響で水かさが増していたのか、水量が多くて、草が横倒しになってました。

 

はたご小田温泉の外観・館内

玄関へのアプローチ

駐車場から玄関へのアプローチ。木造の素敵な建物と緑がいい雰囲気ですよね。

つきあたりが料亭「茶寮 清泉亭(お食事処)」の入り口で、手前右手が旅館の入り口です。

陶器でできたwelcomeボード

ロビーがとても素敵な空間です

玄関を入ってすぐの書が圧巻です。

ここでのんびり寛げます

鍼が見えて開放感のあるロビーが素敵な空間でした。木造の建物がいいですね。

様々な芸術品が飾られています

先代のご主人が芸術家だそうで、館内には様々な芸術品が飾られています。

お部屋の襖にも絵が描かれています

今回は松の間に泊まったのですが、お部屋の襖や扉にも絵が描かれていて、和のおしゃれが詰まっている感じです。

 

一息ついた後に少し温泉に入りました。

温泉をゆっくり満喫

青磁タイル張り浴槽の龍泉の湯でゆっくり温泉を満喫しました。

メタケイ酸が多く含まれる温泉(美肌の湯とも言われる温泉)で、とっても優しい湯。もちろん、寝る前にも入りましたよ。

温泉が流れ込む音も癒されますね

温泉の後は楽しみにしていた食事です!

茶寮 清泉亭への渡り廊下

お食事処の料亭「茶寮 清泉亭」は旅館とを繋ぐ渡り廊下を通って行きます。

お庭の池には鯉がいます

清泉亭にはお庭があって、とても癒されます。鯉も泳いました。

 

はたご小田温泉のお食事

お食事は写真でお届けします。

チーズの昆布締めなど

季節の鮮魚のお造り

松茸の入った蒸し物

のどぐろの塩焼き

秋刀魚の酢の物

豚肉の鍋

どの料理もほんとに美味しくいただきました。

チーズの昆布〆といちじくのワイン煮込みの組み合わせ、のどぐろの塩焼きがほんとに美味しかったです。特別に出してもらった焼きおにぎりとちりめん山椒のだし茶漬けが絶品でおかわりしたいくらいでした。

お茶漬けの動画を撮ったのでご覧ください!

 

料理も大満足で、その後に温泉に入ってゆっくりしました。

7部屋しかない小さなお宿なので落ち着いてゆっくりできますし、宿の女将とご主人との会話も楽しみました。こじんまりとした和のお宿でアットホームな感じでゆっくりした方はほんとにおすすめですよ。