広島から行く観光スポット「香川県高松市 塩江温泉」

どうも、ぽこみち(@pokomichi_apple)です。

妻の従姉妹のお宅に泊まらせてもらった翌日は、妻の友人と讃岐の奥座敷の「塩江(しおのえ)温泉」まで行ってきました。

香川県で知っている温泉はこんぴら温泉くらいで、正直、他の温泉地があることを知りませんでした。妻の友人に教えていただき、せっかくならと足を伸ばすことにしました。塩江温泉までは高松駅から車で約40分なので、比較的お手軽に行ける温泉地ですね。

 

塩江温泉について

塩江温泉(しおのえおんせん)は、香川県高松市塩江町安原上東(旧国讃岐国)にある温泉。古くから讃岐の奥座敷として知られる。

歴史は古く、天平年間に遡る。開湯伝説によれば行基が開湯したと伝えられる。空海も修行し、湯治を万人に勧めたといわれる。なお、古くは潮江と記されており、江は井(泉のこと)の転訛とみられ、塩気のある泉から塩江となったといわれる。

日露戦争ののちには傷病兵の療養にも使われた。

Wikipediaより

 

道の駅 しおのえにある案内板

道の駅に車を停めて歩いてみたのですが、川の上流に温泉旅館がぽつぽつある少し萎びた温泉地のようです。山に囲まれていてとても静かなので、ゆっくりするなら最適ですね。

 

塩江温泉の景色

温泉郷には川が流れています

道の駅の側に、川へ降りられる場所がありました。河原では子供たちが川に飛び込んだりして遊んでました。川の流れは速くないので安心して見てられます。

道の駅には「行基の湯」という日帰り入浴施設があります

現在は休業中のようです

道の駅には「行基の湯」という日帰り入浴施設があるのですが、現在は残念ながら改修工事のため休業中でした。

足湯を満喫しました♪

日帰り入浴はできませんでしたが、足湯に入って温泉を満喫して前日からの足の疲れが取れました。

 

塩江温泉近くの不動の滝へ

川の上流にある不動の滝

その後は、道の駅から車で数分の場所にある「不動の滝」を見に行ってマイナスイオンを浴びてきました。

時間がなかったので、温泉施設での日帰り入浴もしなかったのですが、高松市中心部からすぐに行ける温泉地があることが知れてよかったです。次回香川に来る際はなんとか塩江温泉に入りたいと思ってます!