iPhoneを夜に使う時はブルーライトを軽減する「Night Shift」を活用しよう!

夜に長時間iPhoneを見ていると、ブルーライトで体のリズムが崩れ、睡眠の質に影響すると考えられています。iPhoneの「Night Shift」を活用することでブルーライトを軽減することができます。

今回はそんな「Night Shift」機能の使い方と設定方法をご紹介します。

 

Night Shiftの使い方

ただ、使うだけなら簡単です。

    

iPhoneの下部から上にスワイプさせてコントロールセンターを開き、その中にある「Night Shift」をタップしてオンにするだけです。

朝、オフにしたいときは同様にタップしてオフにしてください。

 

Night Shiftの設定方法

    

Night Shiftは設定メニューの「画面表示と明るさ」の中にある「Night Shift」から設定ができます。

 

    

「時間指定」をタップすることで、設定した時間の間は自動的にNight Shiftにすることができます。※「手動で明日まで有効にする」は前述した「Night Shiftの使い方」を設定することと同じなので省略します。

「開始終了」をタップすると時間設定ができます。

 

    

「開始終了」をタップすると「日の入から日の出まで」で自動で設定するか、自分で時間を決めてNight Shiftを設定することができます。

また、「色温度」で画面の色味も調整ができます。

  • 冷たくする(左に寄せる)⇒ 画面の色味が薄くなる(通常画面に近くなる)
  • 暖かくする(右に寄せる)⇒ 画面の色味が濃くなる(暖色が濃くなる)

このように変化するので、好みの設定にしてみてください。

 

日の入から日の出までが出ない場合

設定によって「日の入から日の出まで」が出ないときがありますので、その時のせって方法も補足しておきます。

    

設定メニューの「プライバシー」から「位置情報サービス」をタップします。

 

    

一番下にある「システムサービス」をタップして開き、その中にある「時間帯の設定」をオンにすると「日の入から日の出まで」が表示されるようになります。

 

一日中iPhoneを見ていると目も疲れますし、体のリズムや睡眠の質を守るためにも夜は「Night Shift」を導入してみてください。

時間帯等で設定すると忘れることもないですので良いですよ。

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加