【稲荷公園】芝生の広場やアスレチック、水遊び場もある子連れスポット

こんにちは、ぽこみちです。

今回遊びに行ったのは僕が小さい頃からよく行っていた稲荷公園。

富山に帰省した際に家族でのんびり過ごしてきたので紹介します。

稲荷公園について

稲荷公園

稲荷公園は富山地方鉄道の稲荷町駅の裏にあるかなり広い公園です。

僕も子どものときによく遊びにきたことがあるのですが、北陸新幹線が開通してから遊びに来たのはこれで2回目ほど。

前回は全く意識していなかったのですが、写真の奥にある電線は北陸新幹線の線路のもので遊んでいる間に何回も新幹線を見ることができ、新幹線が好きな娘は楽しそうでした。

稲荷公園に遊びに行った体験談

稲荷公園の巨大アスレチック

稲荷公園 アスレチック

稲荷公園の特徴は何と言っても大きなアスレチックがあるところ。

僕が小学生のときは友達と一緒にここでよく鬼ごっこをしたものです。

稲荷公園 アスレチック

以前来たときは怖がってずっと抱っこをしていた娘ですが、もうすぐ3歳になるこのときは怖がりながらも一人でアスレチックを歩いていました。

こういった子どもの成長を見るのは親として本当に楽しいです。

稲荷公園 アスレチック

アスレチックの途中には細い一本道もあるのですが、ここもひとりで歩けたことには感動しました!

途中ネットの箇所なんかもあるのですが、そこはまだ早かったみたいです(笑)

稲荷公園 アスレチック

他のエリアにも繋がっていて、このアスレチック部分だけでもたっぷり楽しむことができます。

広い芝生広場が楽しい

稲荷公園 芝生

アスレチックの周辺や公園内を流れる川を渡った先にも芝生の広場があるので、レジャーシートを広げてピクニックも余裕でできます。

子どもが走り出した親としては、公園が芝生だと転んでも安心なのでとても助かります。

稲荷公園

広場の外周には木などがありますが、川へすぐ降りられてしまうのでお子さんが落ちないように気をつけてください。

子どもがたっぷり遊べる水遊び場

この日は行きませんでしたが、公園内には小さな子どもでも遊べる水遊び場があります。

木陰もあるので夏場にかなり重宝しますよ。

ただし、お子さんの服は確実にびしょ濡れになるので、着替えや水着を持って行くことをおすすめします。

稲荷公園

公園内の川は別の本流にも繋がっています。

ここも河川敷まで行けた気がするのですが、今では雑草が茂っていて危なそうです。

稲荷公園のまとめ

稲荷公園は小さなお子さんから小学生まで遊ぶことができるかなりおすすめの公園です。

これからの涼しい季節はピクニックにもぴったりですし、夏場は水遊びに最高ですよ。

僕の実家からも近いので今後富山に帰ったときにはかなり重宝しそうです!

公園情報・アクセス

《稲荷公園》

住所:富山県富山市稲荷園町2丁目-1(Googleマップで見る

開園時間:終日開園

電話番号:076-443-2111(公園緑地課)

編集後記

親は基本的に親バカになるもの僕は考えているのですが、やっぱり我が子は天才だ。

もうすぐ3歳になる娘は遊んだり、お話ししているときに急に半年以上前のやったことやどこかに行ったことを話したりする。

今までもかなり記憶力がいいなと思っていたんだけど、やっぱりこういうことがあるとほんまにすごいなと思うわけです。

他のお子さんもそうなのかもしれないけど…自分の子どもは一番好きですし可愛くて仕方がないです。

もちろんどんなに可愛くても、イヤイヤ期と赤ちゃん返りでげんなりすることもありますがやっぱり子どもは最高だなと、最近じみじみ思います。

編集後記おしまい。