【RIZAP ENGLISH英会話コース3週目】少しずつ英語学習に慣れてきた

こんにちは、ぽこみちです。

RIZAP ENGLISHでの英語学習も3週目に入り、英語学習にも慣れてきましたが、翌週も含めてなかなか十分な学習時間が取れず、効率的に学習を進めることができなかったです。

ただ、手こずっていた6STEPSのリスニングも若干耳が慣れて来た感覚もありましたし、Camblyを使った実践スピーキングも抵抗なくできるように。

継続の大切さを改めて実感しました。

RIZAP ENGLISH英会話コース3週目

これまで通り1日3時間を目標にクイックレスポンス、6STEPS、実践スピーキング(スピーチ)の学習をしますが、3週目はちょっと時間が取れなかったり、週5日分のCamblyレッスンを使い切れなかったりと振り返ってみると少し残念な週。

ただ、週2回のトレーナーレッスンと宿題があるのでなんとか英語学習の継続ができました。

クイックレスポンス

まだ中学1年生レベルの英文なので比較的楽なのですが、少しずつ内容が増えたり知らない表現や忘れている語彙も増えてきました。

覚えた表現や単語を意識的にCamblyフリートークなどで使うのが個人的には楽しかったですし、効果的な習得にもよかったです。

6STEPS(リスニング)

RIZAP ENGLISH ディクテーション
「改訂版 究極のビジネス英語リスニングVol.2」(C)ALC PRESS INC. を使用してディクテーションしたノート

前の週のパートは少し手こずったのですが、3週目のパートはしっかり聞き取れている部分も多く、シャドーイングまでのステップも早くなったように感じました。

STEP1の書き出しや序盤のシャドーイングではまだまだ前置詞や冠詞の聞き漏れがありますが、反復することで聞き取れるようにしたり、単語が繋がる発音を音声と同じように言えるようにしました。

Camblyでのスピーチ練習

今週のスピーチテーマは「What are your daily routines?」と「Why do you think the Japanese population is decreasing?」でした。

RIZAP ENGLISH スピーチ

Camblyでの練習前後には事前の学習方法でレクチャーしてもらった通り、使いたい表現や単語を書いて予習復習をノートにまとめ、少し難しいところは文章を丸ごと書いたりもして表現を覚えます。

3週目になってくるとCamblyでネイティブ講師と英語で話すのも抵抗がなくなり、かなり楽しむことができました。

前半でスピーチ練習をして、後半でフリートークというように英会話することに慣れたのが大きな進歩かなと思います。

週2回のトレーナーセッション

トレーナーとのセッションではスピーチが少しずつできるようになってきました。

この段階で初めに説明されたトレーニングマニュアルの「PREP法」を意識してスピーチ構成を考えるようなアドバイスがありました。

また、早口になりがちな僕の特徴を指摘して、流暢さより正確さや言い回しなどを考えるようRIZAP ENGLISHの専属トレーナーからフィードバックをしてもらいました。

RIZAP ENGLISH PREP

PREP法というのは「Point(主張)⇒ Reason(理由)⇒ Example(具体例)⇒ Point(主張)」というスピーチの基本的な構成のことで、これを頭に入れておくだけで「In addition,」や「In conclusion」などの決まった表現を意識的に使うことができます。

RIZAP ENGLISH英会話コース4週目に続く

学習スタートから2週間ちょっとは宿題が難しく、トレーナーレッスンまでになんとかできるようにするという感じがあったのですが、3週間目の途中〜4週間目頃から少しずつ英語学習に慣れてきた感覚がありました。

特に6STEPSやCamblyでは学習開始前と比べると英語が聞き取れるようになり、会話もストレスなくできるようになったと思います。

もうすぐ折り返し地点ですが、この調子であと5週間しっかり英語を上達させていきます!