【宮島グルメ】あなごめし 和田|炭火で焼いたあなごと拘りのお米が最高

あなご飯…それは広島県屈指の観光地である宮島を語る上で絶対に欠かせないもの。

元々は瀬戸内地方の漁師の郷土料理でした。かば焼きにしたあなごにタレをかけて、丼の上に乗っけるのが主流です。中には煮あなごで出すところもあるんですけどね。

どっちが好きかと言われたら、当然「どっちも好きです!」と満面の笑みで答えてしまう程にあなご飯が好きなわいざん(@yzan_travel)です。

あなごめし 和田について

ぼくは今でこそフリーでコンサルタントをしてますが、数年前は楽天トラベルでインターネットトラベルコンサルタントをしてました。旅館に対して、インターネットでの販売戦略を提案するような仕事ですね。

その時に実は宮島を担当してたんですよ。なので、宮島のあなご飯はかなり食べてます。

どこもそれぞれ違った良さがある…その中で今回おすすめしたいのが、香ばしい焼きあなごとこだわりのご飯が美味い「和田」です。

スタンダードな焼きあなごを使ったあなご飯

写真を見てもらうともう伝わると思います。これが和田のあなご飯です。では、好きなポイントをあげていきましょう。

ふっくら香ばしいあなごが絶品

ふっくらとしたあなごに絶妙な焦げ。写真からも香ばしさが伝わってくるでしょう。どうですか?この美味そうなあなご飯!

ここのあなごはとにかくふっくら。この柔らかさがウリ。絶妙に甘いタレととにかく相性抜群。食べると口の中にふわっとした幸せが広がります。そこに香ばしさが追いかけてくる感じ。もうこれは勝ちでしょう。

ふっくらあなごと相性抜群のご飯

そして和田の魅力はなんと言っても白ご飯。ふっくらとしたあなごに対して、芯があって弾力のあるしっかりとしたお米。

南魚沼産のコシヒカリ。このふんわりあなごに合うお米を厳選して選んだそうです。タレが絡んでも、全然負けない。シンプルな料理だからこそ、この素材に対するこだわりが活きてきます。

控えめに見えるタレが全然控えめじゃない

タレは甘くてしっかりめ。うなぎのかば焼きのように、何度もタレをつけて焼くのではなく、焼いたあなごにサラっとかけてる感じ。

見た目はあっさりしてるけど、このタレがなんとも味わい深く、あなごはもちろん、ご飯に少ししみ込んだ部分がたまらないです。そう…さっき紹介したあのお米とこのタレが美味いんです。

宮島を感じさせる小物と店内

箸置きが鹿でした。鹿といえば宮島のシンボル。これは嬉しい心遣いですね。こういうの好きです。話も弾むしね。

この日はふたりで行ってたんですけど、もう一方の箸置きはこちらも宮島のシンボル。しゃもじでした。

表の看板もしゃもじの形。そしてここにひっそりと値段が書いてあります。吸い物付きで1,800円。お昼ごはんのボーダーラインからはちょっと高いのかもしれませんが、ぼくは充分満足な価格ですね。

ナインティナイン岡村さんの写真とサインが店内に飾ってあります。テレビで紹介されたようですね。

趣のある座敷もあり。囲炉裏を囲んで食べるあなご飯も風情あっていいだろうな~。鳥居の置物もありますね。なんか昔の家みたいで好きな空間です。

あなごめし 和田まとめ

やっぱりあなご飯というもの自体が、あなご・お米・タレというシンプルなものである為、焼き方や素材といったところが拘りになっていくのだと思います。

ふっくらした焼き方と、それに合うお米。そして主張しすぎないタレと、絶妙なバランスがここのウリかと。

値段は1,800円とちょっとお高めですが、せっかく宮島に来たならちょっと奮発して拘りの郷土料理をじっくり味わってみるのもいいかと思います。

お昼時は混んでるのでご注意くださいね。売り切れ次第終了で、早い時は12時30分くらいに売り切れる時もあるそうです。といっても予約不可なので、どうしても食べたい場合はオープンの11時頃から行くのがいいかも。検討を祈ります。

《あなごめし 和田》

住所:広島県廿日市市宮島町424(Googleマップで見る

営業時間:11:00~15:00売切れ次第

定休日:不定休

電話番号:0829-44-2115