LINEのアカウント引き継ぎで気を付けること

新しくiPhone7plusを購入したので、格安SIMが届く前にSoftbankのSIMカードを使ってiPhoneのアクティベートを行って、新しいiPhone生活をスタートさせていたぽこみちですが、LINEのアカウント引き継ぎで失敗したことがあったので備忘録としてご紹介します。

 

アカウントの引き継ぎの際に行ったこと

ビジネスパートナーのわいざんからLINEのアカウント引き継ぎの際には、アカウント情報にメールアドレスを登録したほうがよいと言われていたので、メールアドレスを登録します。

 

   

LINEの下部メニューの「…」をタップして、右上にある「歯車マーク」をタップすると設定メニューが表示されますので、その中の「アカウント」をタップします。

 

アカウント情報を見てみると、もともとメールアドレスを登録していました。

※パスワードがわからない方はこのタイミングで再設定するのがよいですよ。

 

 

ここまで設定して満足したので、アカウントの引き継ぎに進みました。

    

先程の設定メニューの「アカウントの引継ぎ設定」より「アカウントを引き継ぐ」をONにしてiPhone7plusでLINEにログインしたのです。

引継ぎは無事完了!

と思ったのですが、トークを見てみると…

Letter Sealing」「メッセージが複合されていない可能性があるため表示できません。」なるメッセージが表示されて過去のトーク内容が閲覧できないようになりました。

つまり簡単に言うと、Letter Sealingというセキュリティ設定で以前のやりとりは以前のデバイスと相手のやりとりなので、セキュリティー上新しいデバイスは第3者とみなされるためこれまでのやりとりは閲覧できなくなるわけです。

 

これが、今回発生した大問題です!

 

とはいえ、起きたことは仕方がないので、今後の為に対策を調べました。

前置きが長くなりましたが、今後アカウント引き継ぎをする際は以降に書くことを忘れないでください。

 

Letter Sealingの設定を解除する

今回の問題はセキュリティのLetter Sealingという設定があったために起こりました。この設定は通常ONにしておいた方が良いのですが、アカウント引き継ぎの際にはOFFにする必要があります。

また、トーク内容がLetter Sealingされるにはトークに入っている全員(2人のトークの場合は自分と相手)が設定がONになっている必要があるみたいです。

トークのLetter Sealing状態は「鍵マーク」で確認できます。鍵マークがあったらLetter Sealing設定になってます。

 

それでは、Letter Sealing設定解除方法を説明していきます。

   

設定メニューの「トーク・通話」をタップすると、メニューの中に「Letter Sealing」がありますのでOFFにします。

 

   

その後、同じ「トーク・通話」メニューの中にある、「トークのバックアップ」をタップして「今すぐバックアップ」を実施すれば準備は準備は完了です。

この後は、先程説明した通り、アカウント引き継ぎを実施すればすべてのトーク履歴も新しいアカウントで確認できるようです。

アカウントの引き継ぎ後は「Letter Sealing」の設定を戻すのを忘れないでくださいね。

ぽこみちもこれをやりたかったのですが、失敗したからこそ気付けることもありますよね。

皆さん、アカウント引き継ぎの際はくれぐれもお気を付けください!

ぽこみちの提供メニュー


・webの気になることを無料で調べてブログにします。
※お気軽にご質問ください。

・2時間密着webサポート
20,000円(税別・交通費別)

・藍染、茜染ワークショップ依頼
藍染代実費のみ/交通費・宿泊費別
※基本料金はかかりませんが、参加者5名が条件となります。
染物について詳しくはこちらよりご確認ください
お問い合わせは下記SNSからお気軽にどうぞ。


FacebookTwitterLINE@
このエントリーをはてなブックマークに追加