【WebCamp Pro】の特徴・料金・受講者の声などをまとめてみた

インターネットの普及、そしてスマホやタブレットの急速な普及によって、エンジニア需要が伸び続けています。

2020年からプログラミングが義務教育に取り組まれることもあり、プログラミングスクールには特に注目が集まっています。

また、需要が高まっている影響で給与が高いエンジニアへの就職・転職を志望する人も多くなっています。

やはり、ITの発達によって多くの職がなくなると言われている現代でプログラミングスキルを身につけることが必要だと考えている人が増えているということですね。

今回はそんな数あるプログラミングスクールの中から「WebCamp Pro」についてご紹介します。

WebCamp Pro(旧:WEBスク)とは

WebCamp Proはインフラトップが運営する3ヶ月間でプログラミングスキルを習得するプログラミングスクールです。

3ヶ月間の受講で即戦力エンジニアへの成長を目指すことができます。

また、受講後に転職・就職できない場合は”全額返金”しているため、エンジニアとして働きたい人におすすめです。

WebCamp Proの特徴

WebCamp Proの特徴についてご紹介していきます。

3ヶ月で即戦力エンジニアへ!

簡単に説明しましたが、WebCamp Proは3ヶ月短期集中でプラグラミングスキルの習得を行なっているスクールです。

上記カリキュラムに沿って、プログラミングの基礎からしっかり学ぶことで未経験でも一歩ずつ着実にプログラミングスキルを身につけることができます。

2ヶ月目からはグループや個人で実践的な開発を行うため、エンジニアとしての業務フローも同時に学ぶことができ、即戦力エンジニアになるための予行練習にもなります。

毎日11時〜22時まで通い放題&講師常駐でいつでも勉強、質問可能

教室は土日祝日に関わらず11時〜22時まで解放されているので、通いたい放題。

そして、学習の場には講師が常駐しているので、わからないことがあればすぐに質問することができます。

プログラミング学習をする上で、質問できる講師の存在は大きいです。

プログラミングを行なっていると1文字の間違いでエラーが起きたり、思い通りの表示や動きにならないことがあります。エラーを自分で解決しようとすると時間がかかります。しかも、それが未経験者であればどこに間違いがあるか調べて解決するだけで途方も無い時間がかかることが起こり得ます…。

未経験者でよく起こるのが、ちょっとした文字やスペース(全角/半角)の打ち間違いです。

ひとりで学習を進めるとそのちょっとした間違いで学習がストップしてしまいます。

WebCamp Proでは質問できる講師が常にいるので、そんな心配は無用です!

キャリアエージェントによる徹底した転職サポート

プログラミンング学習カリキュラムに併せて、入校からしっかりキャリアサポートも実施しております。

転職に向けて本格的に動き出すのは、3ヶ月目から。しっかりとプログラミングスキルを身につけた後に就職活動を開始することで、しっかりと目標企業に向けた転職活動やそれに合わせたスキルの習得を行うことができます。

また、担当のキャリアエージェントが受講中から適正面談やコーチングをしっかり実施して、「転職」という目標達成をしっかりサポートしてくれます。

面接企業に関しての情報や特徴を教えてもらえたり、的確なアドバイスを貰えるのも嬉しいポイントですし、転職率98%というのも納得です!

転職できなかったら全額返金!

受講者全員に転職保証をしており、学習終了後3ヶ月間の無料サポート期間中に転職できなければ受講料を全額返金してくれます。

転職保証・全額返金をしっかりしているのはそれだけ自信があるから。

ここまでサポート体制がしっかりしていることもWebCamp Proが選ばれる理由ですね。

WebCamp Proで学べるプログラミングスキル

  • HTML5
  • CSS3
  • JavaScript
  • jQuery
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • MySQL
  • GitHub
  • AWS

WebCamp Proの料金

6ヶ月プログラム
  • 無料カウンセリングあり!
  • 学習期間3ヶ月+3ヶ月の転職サポート:400,000円

3ヶ月の学習カリキュラム、6ヶ月のキャリアサポートを含めて400,000円の受講料です。

400,000円は決して安く無いですし一瞬戸惑ってしまいますが、一生使えるスキル習得ができ転職保証があると考えるとかなりお得な金額だと思います。

前述の通り転職できなければ全額返金の制度もあるので、プログラミーとして活躍したい人にはおすすめです。

また、上記のようなキャンペーンもあるので分割払いを利用すると月額30,000円から受講できます。

手元にお金がないけど、今後のために是非とも受講したいという方は活用できますね。

キャンペーン内容は公式HPに詳しく書いてありますのでご確認ください。

WebCamp Pro受講者の声

吉田真人さんのインタビュー

吉田 真人さん(29)

新卒で東証一部上場の通信サービス販売会社に入社し、新規開拓営業や既存顧客への営業を担当。

その後、「将来性のあるスキルを身に着けたい」という思いからエンジニアへの転職を目指し、Webスク(現:WebCampPro)を受講。現在はエンジニアとしてRailsを使ったツール開発業務を行う。

・なぜ、数あるプログラミングスクールの中でWebスクを選びましたか?

転職保証という部分に魅力を感じたのと、会社を辞めるまで半年間あったので、半年間という期間もちょうどよく、渋谷という立地もよく行く場所なので、一回話を聞こうと思い電話で問い合わせました。(※現在のWebCampProの期間は3ヶ月です)

また、一番の決め手は転職サポートですね。そこが大きかったです。他にも資料請求をしたスクールはあったのですが、ちょっと違うなという印象があり、Webスクに決めました。

・転職しようと思った経緯を教えてください。

社会人をこれから10年20年やっていくことを考えて、この営業という仕事をそのまま続けていくのは違うと考えたのがきっかけです。手に職が欲しく、知り合いにエンジニアがいるのもあり、エンジニアという道を模索しはじめました。

・前職と比べてどちらが楽しいですか?

今の方が楽しいですね!

やりたいことをやれているという感覚がありますし、営業はモチベーションをなくしたら苦痛でしかないので、最後の1ヶ月とかは辛かったですね。それに比べると、今は楽しくやっています。

もっともっと経験値を積みたいです。いろんなエンジニアと話をして一緒に案件をする経験が欲しいです。そしてスキルレベルを上げたいという気持ちが1番です。ある程度慣れてきたら、自分で営業して案件を取ってきて開発が出来るようになりたいと思っています。

・弊社はキャリアサポートに力を入れていますが、キャリアサポートはいかがでしたか?

担当のキャリアエージェントの方と話している中で、面接前にはその企業の情報を伝えてくれたり、特徴を伝えてくれたり、それに対してのアドバイスがあって、非常に面接をしやすかったですね。面接を受けたところはスムーズにすべて内定までいきました。面接前にも、言わないほうが良いことや、どのような人材が会社に求められているか、というアドバイスも的確にいただけました。

WebCampPro

 

宮脇洋介さんのインタビュー

宮脇 洋介さん

寿司職人からWebデザイナーとなり現在はWebCampでフロントエンド・ママコースの講師を務める。

・WebCamp Proで学んでいかがでしたか?

メンターの方がマンツーマンと感じるくらいに丁寧に指導してくださって良かったです。

かなり濃密な時間を過ごすことができて、いつもスクールに行くのが楽しみでした。

期限は決まっていましたけど終わってほしくないなと思っていましたね。

教室もきれいで、メンターでない人も挨拶してくださって気持ちの良い環境でした。

最初はフロントエンド学んで、そこからデザインに入ったのですが、奥深さと面白さを感じました。

自分が打ったものが目に見えて反映されていくっていうのが凄く面白くて、自分のイメージしたとおりの指示がそのままできたときは快感でしたね。

・学習していてうまくいかないときもあると思うのですが、どうやって乗り越えていましたか?

まずは自分で調べました。

実務をしていても新しいテクノロジーに関することは自分で調べる事が多く、わからないことを自分で調べて解決することもデザイナー・プログラマーに必要なスキルだと指導があったので、調べて解決する力をつけることを意識しました。

ただ最初から自走を意識しすぎると時間がかかってしまうので、ある程度調べてわからない時はメンターに質問する形を取っていました。

とにかくわからなくてもやってみる。手を動かすことが一番大事なので。そこでエラーが出たら調べる。ここで自ら情報をつかむ力を養います。

それでもわからなかったら挫折してしまうので、メンターに聞く。

この必要な時はいつでもすぐに質問できる環境が保証されていることが、安心して学習をすすめることが出来た一番の理由だと思います。

また、いろんなWebサイトを見る癖もつきました。

デザインやフロントエンドを学んでからいろんなWebサイトを見ると、そのサイトのHTMLの構成や使われているタグやレイアウト、使われているデザインなど、発見があります。

・今後してみたいことはありますか?

卒業後の現在は、WebCampのフロントエンドのメンターと、ママコースのメンターをしています。

以前の職場と違い、自分で考えて行う仕事がとても多いので、なりたい自分の姿に少しづつですが近づいている感覚があります。

メンターという立場で働く以上、プログラミング教育の肝となっている存在だと思うので、来てくれた生徒さんに対し想像以上のクオリティを提供したいです。

また、自分がデザインを担当しているので、デザインの良さや面白さを積極的に伝えていきたいです。

会社の掲げるビジョンに、各自が望むキャリアを実現していくというのがあり、その選択肢の一つとして、Webデザイナーという選択を与えられる存在でいたいです。

WebCampPro

気になる人は無料カウンセリングを受けてみよう!

エンジニアスキルへの習得とプロエンジニアとしての職を真剣に考えているなら、しっかりしたサポートがついているWebCamp Proはおすすめです。

これからより高まっているエンジニア需要に付いていくためにも受講して損はないと思います。

まずは無料カウンセリングを受けて、今のIT業界についてやあなたの気になること、不安なことを聞いてみてください。