WindowsパソコンでもAirDropのように写真を送るアプリ「Photos Companion」の使い方

iPhoneで撮影した画像や動画を、Bluetooth経由でiPhoneやiPad、MacBookなどにを送る事ができるAirDrop機能。

Apple製品でデータを手軽にすばやく共有することができるので、ブログを書くときや写真を他の人に送るときはかなり便利です。

ただ、AirDropはApple製品専用の機能なので、Windowsパソコン(Surface)やAndroidのスマホを使っている場合は送ることができません。

スマートフォンとWindowsPC間で手軽に画像や動画を転送するには、専用のアプリを使う必要があります。

今回はスマートフォンで撮影した画像や動画をWi-Fi経由で送れるアプリ「Photos Companion」を紹介します。

Photos Companionとは

Photos Companionは、Windows10に標準搭載されている画像ビューワーのフォトとiOSやAndroid用アプリを組み合わせて利用することで、選択した写真やビデオをモバイルデバイスからPCへ転送できるようになります。

しかも、Photos Companionはインターネットを経由せず、同じネットワークにあるパソコンに直接送ることができるので、送信スピードも早いですし、Google Driveのようにわざわざアップロードしてダウンロードする必要がありません。

メモ

Windows10のアプリであるフォトに表示されたQRコードをスマホアプリで読み取って接続するので、アカウントの作成やログインなどが必要ありません。

Photos Companionの使い方

ここからはPhotos Companionの使い方を紹介していきます。

Photos Companionをインストール

まずはPhotos Companionをインストールします。

App Storeで「Photos Companion」と検索すると一番上に表示されるので、インストールしてください。

iPhoneアプリのPhotos Companion

GoogleアプリのPhotos Companion

パソコン側でWindows10アプリ「フォト」の準備をする

まず、画面右上にある「・・・」をクリックして「設定」をクリックして開きます。

 

設定メニューの中にあるプレビューの「Wi-Fiを経由したモバイルデバイスからのインポート機能に対するMicrosoftテストをサポートする」をオンにします。

 

次に、インポートの「Wi-Fi経由でモバイルから」をクリックします。

先ほどの「Wi-Fiを経由したモバイルデバイスからのインポート機能に対するMicrosoftテストをサポートする」にチェックがついてないと、この項目は表示されません。

※チェック入れた後も表示されない場合は、一度フォトアプリを落として再起動させてください。

 

すると、「ワイヤレスでインポートするには、このコードをスキャンします」という表示と一緒にQRコードが表示されます。

パソコン側の準備はこれでOKです。続いてスマートフォン側の操作に移ります。

スマートフォンでPhotos Companionを起動する

アプリを起動させると、このようにカメラ画面が表示されます。

この画面で先ほどパソコンに表示させたQRコードを読み取ると、スマートフォンとパソコンがつながります。

注意
同一ネットワークである必要がありますので、同じWi-Fiに繋いでください。

 

スマートフォン内にある画像を選ぶ画面が表示されるので、パソコンに転送したい写真をタップして選び、右上の「Done」をタップします。

 

これでパソコンへの画像転送が完了しました。簡単に手軽に送れて便利です。

他の写真を送りたい場合は「Send more」から続けて送ることができます。

送られた写真はピクチャフォルダの「Imported from Photos Companion」内に保存されます。

 

操作はこれだけ。これで簡単にパソコンに画像を送る事ができるようになります。

まとめ

写真撮影はスマートフォンで行い、ブログなどの作業はパソコンでするという人は多いと思います。

その時に、ネットワーク接続で画像を送ると手間もかかりますし、ツールによっては画質が落ちる事にもなりますよね。

今回ご紹介したPhotos Companionを使えば、手軽にパソコンに画像を送ることができるので、作業が捗ること間違いなしです。

Windowsユーザーの方は是非活用してくださいね。